トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

Colt.44"Hellfire"

マルシンのコルトアナコンダをベースに「地獄の炎を宿したマグナムリボルバー」をイメージして製作したワークショップカスタム。

※今作品は月刊アームズマガジン2021年4月号&2021年5月号掲載記事「空想銃製作指南 YURI CUSTOM WORKSHOP」にて製作過程について前後編に分けて詳しく解説しています。

完成:2021年1月

▼雑誌記事の作例・第五弾!
(製作概要)

ご存知エアガン&ミリタリーの雑誌月刊アームズマガジン内の拙執筆記事「Yuri Custom Workshop」で空想銃のカスタム製作例として製作工程を解説させて頂いた作品です(*´ω`)

同記事では一つの空想銃カスタムの企画から完成までを写真付きで紹介していくもので、初心者の方でも記事を参考にカスタムにチャレンジしてもらいやすいように、できるだけ(製作的に)やさしい内容の作品にしています。たぶん。

今回第五弾はコルトアナコンダのカスタム「コルト.44"ヘルファイア"」! 第五弾の今回は「地獄の炎を宿したリボルバー」をコンセプトに作品を作っていきたいと思います。地獄に置き去られた.44口径リボルバーに業火が宿り、命中した相手を焼き尽くす魔の銃。そんなオカルトな設定イメージを具現化していった作品です(*´ω`)

地獄は現世と表裏一体で存在している別次元の世界。物質は常に燃え盛っており、水は存在していない。

コルトアナコンダは44口径のマグナム弾を使用する非常に強力なリボルバー拳銃。

今回は"熱を持って発光している鉄"の色とイメージを作品で表現しようと考えました。

ベース品はマルシン工業のXカートリッジ式ガスリボルバー。今回はこれに彫りと塗装仕上げでオリジナルカスタムに仕上げていきます。

製作開始から最終完成まで約1ヶ月。完成した作品とストーリー設定は次ページにて。

詳しい製作工程については「月刊アームズマガジン2021年4月号、2021年5月号」をご購読くださいませ~(*´ω`)

▼雑誌:月刊アームズマガジン2021年4月号

巻頭特集:コンパクトサイズ電動ガンを極める!
最近サバゲで注目を集めているのが、マイクロARやピストルキャリバーカービン、PDWにカテゴライズされるコンパクトサイズの電動ガンだ。軽くて取り回しやすく、アウトドアからインドアまで幅広く使える。今回の特集はそんなコンパクトサイズ電動ガンの特徴と魅力を徹底解説する。

【カバーキャスト】森咲智美


発売日: 2021/2/27

月刊アームズマガジン2021年4月号

▼雑誌:月刊アームズマガジン2021年5月号

巻頭特集:スナイパーライフル徹底研究
近年、軍・法執行機関において最も注目されている銃器カテゴリーは、スナイパーライフルだ。 銃本体はもちろんカスタムパーツやスコープを中心とした周辺アクセサリー、ギリースーツなどのイクイップメント類、さらにスナイピングテクニックに至るまで日進月歩で進化している。 次号は最新のスナイパーライフル事情について、リアルガン、トイガンの両面から迫る。

【カバーキャスト】伊藤萌々香


発売日: 2021/3/27

月刊アームズマガジン2021年5月号

Copyright @ 2021 Yuri-Harunobu all rights reserved.