トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK BLACKsan  
  →HALシリーズ →DE.50AE "デザートカモカスタム” →各カスタムポイント
DE.50AE "DESERT-CAMO CUSTOM"

マルイのデザートイーグル.50AEをベースに
砂漠迷彩を施した
カモフラージュ-ドレスアップカスタム。

東京マルイ・ガスブローバック
 

▼CONCEPT(作品概要)

まだ「結利晴信」としてのカスタムスタイルを持ってなかった、ごく初期の作品。

そういうこと自体深く考えてもなかったが、他ではあまり見かけない「ハンドガンに迷彩」というカスタムをしていたところを見ると、どうやら無意識にそういうものを求めていたらしい。
これはその迷彩カスタム系の「デザートイーグル・砂漠迷彩ver.」。

DEを開発したIMIはイスラエルの企業。これ以上砂漠迷彩が似合う拳銃はないんじゃないだろうかwその名も「砂漠の鷲」そのままに、スライドをTANカラー基調の「デザート・カモ(砂漠迷彩)」風にしてみた。 

ビッグサイズな上に広い「面」の多いDEは意外と迷彩が似合う。 都市迷彩のDEが戦闘機なら、これは大口径の重量級戦車の
ような印象だ。

 

スライドはTAN×ブラウンのまだら模様、各パーツとフレームはブラック、グリップをTANカラーに塗装。

これを製作している時期、ちょうど盛んにメタルギアシリーズ新作「MGS4」の予告トレーラー映像を宣伝していて、その中に「1」のヒロインだったメリル・シルバーバーグが登場していた。彼女のトレードマークともいえる武器はDEで、しかも「4」の舞台は中東。
そんなイメージもあって、メリルが現地で使用するようなカモフラージュ機能も併せ持ったカスタムを目指した。(結果ゲーム本編ではまんまブラックのDEとロングモデルを使用してたけど^^;)

ベースは旧型モデルだったけど、そのリコイルの迫力は最新型ともいい勝負で、かなりのもの。見た目もとにかく迫力のサイズ。

塗装以外はほとんど手を加えていないカラーカスタムだけど、この雰囲気はなかなか悪くない良いかんじの「カスタム・デザートイーグル」になった

 
各部カスタムポイントのページへ→
 

▼ベース:東京マルイ社製デザートイーグル.50AE(旧モデル)

実銃はアメリカ合衆国ミネソタ州のミネアポリスにあるM.R.Iリミテッド社が発案し、イスラエル・ミリタリー・インダストリーズ社(IMI・イスラエル国立兵器廠)とマグナムリサーチ社が生産する自動式拳銃。.357マグナム、.44マグナム、.50Action-Expressなど使用マグナム弾によるバリエーションがあり、特に.50AEバージョンは今現在も自動式拳銃として世界最強の威力を誇っています。
このDE.50AEを、性能・品質共に信頼性抜群の東京マルイが2003年にモデルアップ。装弾数は基本15発と少ないのですが、その重量感とブローバック感のダイナミックさは、新型に勝るとも劣らないクオリティです。見た目もマガジン以外、新型とほとんど同じ(※新型はマガジン前部にスリット&バネが見える。新旧で互換性なし。)造りもしっかりしてトラブルも少ないので、オークションなどで安く手に入れても、しっかりとメンテナンスしてやれば問題なく現役で使える優秀なトイガンだと思います。

全長:270o 重量:1060g 装弾数:15+1発



photo by TOKYO MARUI Ltd.
Copyright @ 2008-2017 Yuri-Harunobu all rights reserved.