トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK BLACKsan  
  →HALシリーズ →M1911A1カスタム“SNAKE's .45(ver.3)” →各カスタムポイント

M1911A1 CUSTOM "SNAKE's .45(ver.3) "

マルイのエアコッキング「コルトガバメント」をベースに、ゲーム「メタルギアソリッド3」の
“スネークイーター作戦”において主人公ネイキッド・スネークが使用した

伝説のカスタムハンドガン
をイメージしたオリジナル・ドレスアップカスタム。

マルイ・エアコッキング
 

▼STORY(設定)

1963年12月。派兵されていたベトナムから本国へ呼び戻されたジェフ・カーミット少佐はCIAからある任務を受けた。

一年前、ソ連から米国へある科学者が亡命を申し出た。ニコライ・ステファノヴィッチ・ソコロフ。彼は500マイルの距離を歩いてベルリンの壁を越えたが、衰弱が激しく話もできる状態ではなかったため、CIAの手配で西ベルリンの病院に入院した。

その1週間後、“キューバ危機”が発生。交渉の末にソ連はミサイル撤退の条件としてソコロフの返還を秘密裏に要求、アメリカはその要求を呑む。 事実上、ソ連はソコロフ一人のためにキューバを撤退したのだった。
“そうまでしてソ連が手に入れたかったソコロフは一体何を開発していたのか?”
米国はその秘密を知りたがったが、既に時間はなく、ソコロフはすぐさまソ連へ返送された。

…だが一年後。当時、西ドイツ諜報局員が病院でソコロフの「肉声」を独自に録音していたという情報が米国へもたらされたのだった。

 

カーミット少佐に託された任務は、西ベルリン市内にあるというこの録音テープを見つけ出し、本国へ持ち帰ること。彼の母方の祖母の故郷がこの西ベルリンであったため、表向きは「里帰り」ということになっていた。

彼はこの任務にあたって、一挺の拳銃を携行していた。陸軍支給のM1911A1を彼と従兄弟のジョーイが改造したカスタム品である。彼は過去の実戦経験からハンドガンによる戦術体系と、それに付随した銃のカスタマイズについて独自に研究を進めていたのだった。そして彼のその革新的なアイデアは、熟練修理工だったジョーイの手を借りて見事に具現化された。
強化スライド、サイトシステムの見直し、連射スピードの向上、操作系パーツのカスタマイズから、ハイグリップとハンドリングを考慮したグリップ周りの改造に至るまで、二人は時に対立しながらも徹底的に改造を行ったのだった。

現地諜報員と共同で調査を行ったカーミット少佐は、ベルリンの壁にほど近いアパートの一室でついに目的の録音テープを発見する。そしてテープには、熱にうなされるソコロフが途切れがちにつぶやく恐るべき「悪魔の兵器」についての断片が録音されていた。

 
しかしその時、アパートを所属不明の武装部隊が強襲。見張りが殺され、通信を受けたカーミット少佐はテープを回収すると愛用の銃に初弾を装填して臨戦態勢に入った。

アパートは狭い通路と階段が一つ。部屋は高所のため飛び降りて脱出するのは不可能だった。黒い軍服にマスク・赤いベレー帽の敵は“スコーピオン”で武装していたが、少佐は愛用カスタムの連射性と取り回しのよさを生かし、狭所を移動しながら敵を確実に仕留めていく。またたく間に3人の強襲者がそれぞれ2発ずつの弾丸に倒された。
薬室に1発を残したままマガジンを排出、ほぼ同時に拡張マガジン口へ予備弾倉を挿入する。この間1秒足らずの早業。

しかしさらに続いて2人を撃った彼は、完全に死角となった通路の先からの“跳弾”2発に倒れる。失血し薄れ行く彼の視界には、まだ歳の若い部隊の隊長らしき青年が映っていた。

―8ヵ月後。女スパイ「EVA」によって西側兵器保管庫から盗み出された少佐のM1911A1カスタムは、一人のCIA所属の兵士の手に渡った。男は銃を見るなりその完成度の高さに気づき、思わず吸っていた葉巻を投げ捨てて揉み消す。
―それは新たな伝説のはじまりであった。
 
各部カスタムポイントのページへ→
 

▼ベース:東京マルイ社製エアコッキング ハイグレード・コルトM1911A1ガバメント

実銃は銃器メーカーのコルト社によって軍用に開発された大型自動拳銃。1911年にアメリカ軍に制式採用され、軍用拳銃として後継となるベレッタM92Fが制式採用されるまで、実に70年以上にわたってアメリカ軍の制式拳銃として使用されました。.45ACPという大口径弾を使用するこのモデルは、威力の大きさと信頼性の高さから現在も未だに愛用者が多く、20世紀における世界各国での自動拳銃開発に対しても非常に大きな影響を与えた傑作自動拳銃です。
このガバメントを性能・品質共に信頼性抜群の東京マルイがエアコッキングモデルとしてモデルアップ。同社のエアコッキングシリーズは、その造形仕上げや機能性・命中精度ともに定評があり、連射は出来ないものの季節に左右されないエアソースでの発射機構は、サバイバルゲーム等でも充分使用できる実力を持っています。また「ハイグレード版」として最近リニューアル発売されたこのモデルは、成形色でのパーカー色の再現やマガジンがフルサイズ化されたことで外観の完成度も魅力のモデルです。

全長:215mm 重量:394g 装弾数:25+1発

No25 コルトM1911A1ガバメント (18歳以上エアーHOPハンドガン)

Copyright @ 2008-2017 Yuri-Harunobu all rights reserved.