トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK BLACKsan  
  →HALシリーズ →ハイキャパ4.3 ”CQBカスタム” →各カスタムポイント

Hi-CAPA 4.3 "CQB Custom"

マルイの「ハイキャパ 4.3」をベースに、
室内・近接戦(CQB)でのバックアップガンとして、
各部を特化させた
実戦仕様カスタムです。

東京マルイ・ガスブローバック
 

▼CONCEPT(カスタム概要)

東京マルイ「ハイキャパ4.3」をベースに、同社「デュアルステンレス」の純正部品や市販カスタムパーツを組み込み、一部のパーツを切削加工を施して組み上げたオリジナルカスタムです。

カスタムのコンセプトは「
室内・近接戦でのバックアップガン」。
サバイバルゲームの室内戦でメインウェポンとしてPDW(個人防衛火器※1)やSMG(短機関銃※2)を装備して、そのバックアップ装備として携帯する拳銃、という想定でデザインしてみました。

※1 代表的なモデル:FN P90やH&K MP7など
※2 代表的なモデル:H&K MP5シリーズなど

 

メインではなくあくまで予備装備なので、かさばらず、携帯性に優れていること。同時にいざ使用するときには素早くドロウでき、ある程度の火力(=装弾数)を有すること。
以上の前提条件から、“コンパクトでありながら装弾数も多い”ハイキャパ4.3をベースとして採用しました。

「携帯性とホルスターからの抜きやすさ」が重要なポイントなので、フレーム前部・トリガーガードの角・グリップセイフティ(握り込みやすいようにセイフティ機能はキャンセル)・グリップバンパーの後ろ角など各部のパーツから『突起』を削り落とし、ドロウの際に引っかかりにくく仕上げています。ハンマーもフラットな「リアレスハンマー」に交換。

グリッピングの感触と操作性も向上させる為、グリップにはラバー素材カバー&フィンガーチャネルを追加。スライドストップレバーもスリムロングタイプに交換しています。(サムセイフティは左面のみのシングルタイプ)

 

外観のカラーリングもポイントで、スマート&精悍なイメージの「シルバー×マットブラック」でまとめています。
特にサイドを磨きこんだようなメッキ処理の「デュアルステンレス」スライドはホルスターからの滑りもよく、必要なときに素早く抜き撃つことができる実戦的な側面もあります。

マガジンも同じくすべりの良いステンレスメッキのハイキャパシティマガジン。コンパクトながら6mmBB弾を28発装填可能。


メインウェポンの小型マシンガン系とこのコンパクトなバックアップ銃で、交互にスイッチングしながら室内戦で華麗に戦う姿を想像しながらカスタムしました。
構成内容も実戦的・機能的なカスタムですので、ゲーム使用でもかなり活躍できるはずです。

 
各部カスタムポイントのページへ→
 

▼ベース:東京マルイ社製ハイキャパ4.3ガバメントモデル

実銃モチーフはおそらくSTI(Science Technolgy Ingenuity)社製のガバメントモデル。世界スピード射撃選手権者のチップ・マコーミックと共同開発したコンバットシューティング・ガンで、スティール製レシーバーとポリマー製グリップを一体化させ、軽量化と高強度性を合わせ持つ多弾倉フレームを搭載した「現代的戦闘銃」です。
このハイキャパ4.3を、性能・品質共に信頼性抜群の東京マルイがモデルアップ。ベーシックで依然として多くの人に好まれるガバメントスタイルをベースに現代的な機能を取り入れています。同シリーズの5.1と比べると、このスタイルはどちらかといえば都市型実戦戦闘用っぽいです。取り回ししやすいように設計されたサイズとショートタイプのパーツ類、サイトもコンバットタイプと、実戦的構成。ただしサイズは小さくとも、ブローバックの感触は5.1と同じく小気味良い重さを伴ったキレのある鋭いリコイル感覚です。このモデルも各社から様々なカスタムパーツが多数販売されているのが嬉しいポイント。


全長:199o 重量:850g 装弾数:28+1発

No19 ハイキャパ 4.3 (18歳以上ガスブローバックガン)

Copyright @ 2008-2017 Yuri-Harunobu all rights reserved.