トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

PC356 CUSTOM

~各部カスタムポイント

▼スライド

大きく加工したのは後述のフロントサイトとダミーのセイフティレバー部分。最近になって側面のシルバーと前後サイトを残してグレーシルバーに塗分け塗装した。左面に結利の刻印も追加。

▼バレル

純正のまま未加工。実銃では「.356TSW」という特殊な専用弾薬を使うようで、9mm程度の口径ながら45口径と同程度のストッピングパワーを発揮するんだそうです(´ー`)ホンマか

▼サイト

フロントサイトは大きく加工して「集光サイト」化した。普通この手のサイトは集光アクリル棒がむき出しでぶつけたり引っかけたりすると破損しやすい部分だが、この部分を透明アクリルブロックでカバーして強度も兼ね備えた より実戦的なフロントサイトとして試作してみた。リアサイトは純正のまま未加工。

▼スライドストップ・セイフティレバー・トリガーガード

・スライドストップレバーは射撃時に指を乗せる際に当たりを柔らかくするため、角を削って丸く仕上げた。

・セイフティレバーはコッキング動作時に邪魔にならないよう大胆に削った。このエアコッキングガンでは元々ダミーなのでセイフティ機能は無い。

・トリガーガードには前部と底部に滑り止めのステップリングを追加した。これはわりと最近追加したカスタム。

▼グリップ

元々は角材を握ったようなゴツゴツした感触であったグリップを、握った際に気になる部分を徹底的に削り落とし、スムーズにしっかりと握り込めるように仕上げた。最初は削って研磨したままスムーズな仕上げだったが、後にステップリングができるようになってから同加工も追加。

▼マガジンキャッチボタン・マグウェル

マガジンキャッチボタンはノーマル純正品そのまま。マグウェルは純正品よりも内部を大幅に削り込んで、よりダイナミックかつスムーズにマガジンを叩き込めるようにしてある。

▼作者コメント

実は何気に結利カスタムの原点だったっぽいこの銃(´ω`)

個人的なカスタムとしてこの13年間保管し、時々取り出して遊んでいました。

それなりに色々あったこの十数年の思いはありますが、今はそれ以上に友人や仲間に恵まれて楽しく活動させてもらっているので、リペイントや追加カスタムを施して仕上げ直し、思い切って友人のイベントの賞品として提供させてもらいました。

ここから先へ進む一つの区切りとして(*´ω`)ゞ

2020.2.2