トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

STルガー.22カスタム"Mk-0"

KJ WORKSの「MK-1 .22ターゲットピストル SILENT EVO」をベースに「隠密潜入任務専用のカスタム銃」をイメージして製作したワークショップカスタム。

※今作品は月刊アームズマガジン2021年8月号、9月号掲載記事「空想銃カスタム指南 YURI CUSTOM WORKSHOP 2nd SEASON」にて製作過程について詳しく解説しています。

完成:2021年5月

▼雑誌記事の作例・第七弾!
(製作概要)

ご存知エアガン&ミリタリーの雑誌月刊アームズマガジン内の拙執筆記事「Yuri Custom Workshop 2nd SEASON」で空想銃のカスタム製作例として製作工程を解説させて頂いた作品です(*´ω`)

同記事では一つの空想銃カスタムの企画から完成までを写真付きで紹介していくもので、初心者の方でも記事を参考にカスタムにチャレンジしてもらいやすいように、できるだけ(製作的に)やさしい内容の作品にしています。たぶん。

第七弾は「Mk-0」!コンセプトは某ステルスゲームの主人公が装備するような「隠密潜入任務用の銃」。消音装備で敵を排除しつつ敵地に潜入する孤高の兵士のカスタムといったイメージです。

となるとサプレッサーに対応したバレル、照準補助装置、確実に操作できる確実性を持ったカスタム…といったポイントを押さえて製作していきたいところ。

モチーフにした某ゲームでは何故か潜入するのはたった一人。この点だけはあまり現実的ではない部分だとは思うのですが、ストーリーとしてはめちゃくちゃヒロイックで燃えますし、武器装備も色々な状況に対応できるものが求められます(´ー`)

敵基地に潜入するとこういう狭い通路で静かに敵兵を排除する必要が出てきます。

ベースのスタームルガーの.22口径拳銃。実際に特殊工作や暗殺任務にも使われたこともあるそうです;

ベース品はKJ WORKSの「MK-1 .22ターゲットピストル SILENT EVO」。これを潜入任務専用モデルとしてカスタムします。

完成した作品とストーリー設定は次ページにて。

詳しい製作工程については「月刊アームズマガジン2021年8月号」をご購読ください(*´ω`)

▼雑誌:月刊アームズマガジン2021年8月号

エアガングッズマストバイ2021
エアガンは銃本体はもちろん、その周辺アクセサリーを揃えておくとより楽しく遊べる。
そこで8月号の特集は「エアガングッズマストバイ2021」と題して、ガンケース、スリング、ホルスター、シューティンググラス/ゴーグル、メンテナンスグッズなど、 エアガンで遊ぶのに揃えて損はないアクセサリーの特徴や使い勝手をユーザー目線でチェック。さらにそれらの活用方法もあわせて紹介する。

【表紙】唯井まひろ


発売日: 2021/6/25

月刊アームズマガジン2021年8月号

▼雑誌:月刊アームズマガジン2021年9月号

巻頭特集:海上自衛隊 立入検査隊&特別警備隊
北朝鮮不審船事件をきっかけとして誕生した海上自衛隊の戦闘部隊「立入検査隊」と、特殊部隊「特別警備隊(SBU)」を特集。海上自衛隊横須賀基地にて立入検査隊に密着し、その装備や戦術に迫る。
さらに、創設以来ほとんど情報が公開されず謎に包まれている特別警備隊の最新情報を入手。特別警備隊の“いま"をレポートする。

【表紙】佐々木琴子


発売日: 2021/7/27

月刊アームズマガジン2021年9月号

Copyright @ 2021 Yuri-Harunobu all rights reserved.