トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

Tactical.45AP Test Model

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

※今作品は月刊アームズマガジン2021年12月号&2022年1月号掲載記事「空想銃カスタム指南 YURI CUSTOM WORKSHOP 2nd SEASON」にて製作過程について前後編に分けて詳しく解説しています。

▼バレル

ノーマルタイプの.45口径バレル。市場リリース版の特殊部隊仕様ではサプレッサー装着用のスクリュー付きバレルになる予定。

○ベースの純正バレルそのまま。

 

▼サイト

薄暗かったり緑色の多い熱帯地域でも高い視認性を持つ蛍光レッドのフロントサイトと白い凹ラインのリアサイトセット。

○Fサイトは着色、Rサイトはシールを貼って仕上げました。

▼スライド

超硬スチール合金製、AIセンサーや熱光学センサーなどに検知されにくいタクティカモ™塗装されたスライド。AP弾仕様を示す表示や警告表示、テストモデルを示すイエローラインがペイントされている。

○ベースの純正スライドに黄色塗装とステッカー貼りで仕上げました。ステッカーは車用のステッカーなので耐久性もあり(`・ω・´)

▼ライト&センサーモジュール

フラッシュライトに加えて、標的との距離・予測弾道を測定するセンサーを内蔵したユニット。20ミリレイルで着脱可能。センサー測定の結果はリアルタイムで処理され、後述のアダプターを介してリンクしたスマートグラス(情報表示機能付きアイウェア)に補正照準等を視覚的に表示する。

○マルイのマイクロライトCQX(TANカラー)を使用。左面のロゴを削り取ってQRコードシールを貼り、各部にも上述の車用警告シールを貼りました。正面のモールドは穴を拡張してガンプラカスタム用のセンサーレンズパーツを埋め込んでセンサーらしく見せています(´ω`)

▼フレーム

トリガー前部のアダプターがスマートグラスとのリンク通信を行う。トリガーは生体認証機能付きで登録者以外が指を掛けてもロックが掛かる。サムセイフティレバーやハンマーもアダプターを介してスマートグラスにリンクしており、セイフティ状態やハンマー位置も情報・警告として表示される。

○アンダーレールはデザートウォーリアのパーツ、トリガーはストライクウォーリアのトリガーに交換。トリガーガード前のアダプターはプラスチック材でオリジナル製作しました(詳しくはアームズ記事にて!)

▼グリップ

サムレスト付きのグリップパネル。ハウジングはストレートタイプでランヤードリング付き。

○ベース品の純正グリップパネルを削り込んでゴルフ用の補強シートを貼り付けました。イエローの塗装で仕上げています(´ω`)

▼作者コメント

月刊アームズマガジンの第九弾記事用に製作した今作。

熱帯地域用ということでフォリッジウォーリアの緑とTANカラーパーツを組み合わせた実戦的ベースカラーリングにして、それに追加して「テストモデル」という設定で黄色や赤の警告色を使うことで見栄えもするように仕上げました。

設定も近未来の銃器市場を想像しながら、けっこうリアルに実現しそうなシステムや技術を盛り込んでショットショーのブース店員の語りっぽく書いてみましたが如何でしょう?(´∀`)

割と簡単な製作方法とメジャーな市販品を使ってSFらしいカスタムに仕上げられたかと思います。

2021.10.22

▼雑誌:月刊アームズマガジン2021年12月号

巻頭特集:AKM&サイガ12-K 最新カラシニコフ・シリーズ
東京マルイより続々とリリースされるカラシニコフ・シリーズ――ガスブローバック「AKM」、そして「サイガ-12K」。 2021年12月号では、これら東京マルイの最新モデルをピックアップするとともに、リアルガンにもフィーチャー。
モスクワで8月に開催 された大規模武器ショー「アルミヤ2021」より最新のカラシニコフ・シリーズや、各社のモデルを紹介する。
【カバーガール】伊織いお

発売日: 2021/10/27

月刊アームズマガジン2021年12月号 [雑誌]

▼雑誌:月刊アームズマガジン2022年1月号

巻頭特集:最新ハンドガン研究所
オンラインで発表以来、世代や好みを超えて注目を集めている東京マルイの新製品S.A.A.45アーティラリー。
アームズマガジン2022年1月号では、このモデルの最新情報をはじめ、カテゴリー別ハンドガン徹底インプレッション、ハンドガン人気ランキング、カスタムパーツ&アクセサリー、リアルガンレポートまで、ハンドガンを全方位でフィーチャーする。
【カバーガール】小倉由菜

発売日: 2021/11/27

月刊アームズマガジン2022年1月号 [雑誌]

Copyright @ 2022 Yuri-Harunobu all rights reserved.