トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

M9 STAINLESS CUSTOM "VANARGAND"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

▼スライド

ステンレス製スライド。よく磨いてある。 ○ベースの純正メッキスライドです。未加工。

▼バレル

同じくステンレスバレル。選び抜かれた特に精度の良いものを使用している。 ○同上。

▼サイト

レッドポイントの入ったフロントサイトと、ノーマルのリアサイト。 せめてリアだけでも黒で塗り分け塗装したほうが良かったかも…?彩つづらさん、機会があったらまたお送り下さいw

▼フレーム&各部パーツ

全てステンレス製。
見た目の美しさだけでなく、耐腐食性や強度にもすぐれている。
延長フレームとは完全に分離して通常状態への換装も可能で、本体そのものに大幅なカスタムが施されていないのは、一つには補修・修理の効率化とパーツ調達の利便性を考慮している為。このモデルでは銃自体の強度に限界があり、それだけAMF戦術での戦闘では消耗が激しいのである。

○全て純正メッキパーツ。
メッキパーツ類はパーツ注文しても単価が高いので、できるだけ穴あけ切削をともなう加工はしたくないのが本音^^;
それに元が綺麗だから刃を入れるのを躊躇…はさすがにしないか。いざとなったら。

▼コンペセイター

超々ジュラルミンを基礎とした特殊合金製。
両側面と上部に合計20個ものガス孔が設けられ、強装弾の発射にともなう強烈なガス噴出の勢いを利用してブレードを突き立てるなど、一種の“ブースター”のような役割も果たしている。

○プラ材を切削加工してオリジナル制作。
ガスホール部分は、上面は塗り分け、側面4つは黒い別パーツを埋め込みで表現しています。そのいずれも延長バレルまで貫通はしてません。
上部の「ギザギザ」は狼のたて髪のイメージからデザインしたのですが、他がワリと大味になりがちな多面体だったので、結果上の方に細かいディティールを追加できて良かったと思います^^

▼延長強化フレーム

トリガーガード前部からコンペまでをカバーする大型の強化パーツ。
ベースのベレッタにも通じる、流れるような曲線形で、その美しさはブレードを装着することで一層引き立つ。
中央に溝上のスリットがあり、ブレードはここへ差し込んでしっかりとボルト固定される。側面には「AMF-“VANARGAND”」の刻印。

○コンペと同じくオリジナル制作しました。
別パーツのブレードを挟み込むような形状で、ボルト無しでもある程度の保持・固定力を持つように、かなりタイトに調整。また、曲線ラインと剣先のようなシャープな面がこの造形の肝なので、エッジがしっかりと立つよう意識して仕上げました。側面に銘を手彫りで丁寧に彫り入れて、全体にキャロムシルバー塗装。トリガーガード部分は塗り分けでインディブラック仕上げです。

▼ブレード

コンペ・強化フレームと同じ超々ジュラルミン基の合金ブレード。
非常に軽く、機械化兵の装甲を切り裂くほどに切れ味も鋭いが、長期の仕様に耐えうるまでの耐久性は無い。そのため専門の技師が戦闘の合間に交換や補修を繰り返していた。もちろん「替え刃」も常に複数用意されていたのは言うまでもない。
後に「絶対強度」を誇る究極の素材が開発され、「黒い男」へ託された設計図にはブレード部分にこれを使用するよう指示が記載されている。

○硬質プラ板を切削して制作しました。
刃の部分は安全の為に1mm厚を残して加工。それでも「刃」らしさは必要なので各面をしっかりと出し、角もかなりエッジを効かせています。

▼ユニットとブレード装着

コンペおよび強化フレームは「ユニット」として単体分離が可能。
取り外せば本体はノーマルのM9となり、通常分解とメンテナンスが可能になる。これも戦場の最前線での修理と補修の効率化の為。
また、ブレードも「ユニット」からボルトを外すことで取り外し可能で、刃の研ぎ直しや、損傷のひどい場合は交換が行われる。

○ユニットとブレードの固定は、実際にステンレス製マイナスボルト(計4本)で固定しています。その長さ、20mm。
またユニットと銃本体の固定は小型イモネジで、底面2箇所・両側面一本ずつからしっかりがっちりぎっちりと固定しています。硬いので、まずブレません。

▼グリップ

フィンガーチャネル付きのラバーグリップ。
ブレードでの攻撃でもしっかりと力を込められるよう、このタイプが選ばれた。
側面左側には小さな狼の飾りもついており、ほとんど無加工の本体で唯一手を加えられている部分。この美しいアクセントに持ち主の女性的な一面も垣間見える。

○ノーマル純正のラバータイプグリップに、ウルフリングのメタル飾りを接着しました。左面だけなのは、右手で持ったときに邪魔にならないからです。

▼作者コメント

『IFシリーズ』で、ブレード装備&狼をモチーフで!と頂いたオーダー作品です^^

ご依頼を頂いた方のお好みがP90などの独自性と近未来感を持ったデザイン、といった印象を受けましたので、IFシリーズでも特に個性の強い「Black Fish」と土台を繋げてデザインさせてもらいました。
結果狙いはバッチリ、ベースのM9inoxを上手く利用して、初のメッキ+ステンレスシルバーの組み合わせで独創的なカスタムが完成!

また世界設定は、前作「黒い男」のエピソードへと繋がる「歴史」を設けることができ、しかもコラボで制作して頂いた素晴らしいイラストのおかげで、さらにイマジネーションを膨らませることができました。

ご縁と合作の化学反応で生まれたこの作品、この場を借りて改めて彩つづらさんにお礼申し上げます。ありがとうございました!^^

2009.11.1

Copyright @ 2022 Yuri-Harunobu all rights reserved.