トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

LADY's"Cz75-Custom"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

▼サイト

リアサイトはノーマルのままだが、フロントはユニット増設にともなって一体型のプレート状になっており、独自のサイトシステムになっている。
これは銃器の扱いに慣れたレディ自身がサイティングによる精密射撃よりも直感的なスピード射撃に優れているためで、細かい照準ではなく感覚的に素早く撃つ射撃スタイルに特化している。

○追加ユニットに棒状のプラ板を埋め込んで、斬新なデザインのサイトシステムにしました。正確に狙おうと真っ直ぐ構えればターゲットが盛り上がったフロントに半分隠れてしまう様な形状ですが、前述のように「大体の狙いを付けて素早く撃つ」スタイルなので、わざと大雑把にデザインしています。
…つーかデビルシリーズに登場するキャラクターって絶対サイトとかで狙い付けてないって!(`皿´)ノ

▼スライド&バレル

錬金術とも深い関わりのある「対悪魔武器専門」の工房が独自に造り出した特殊合金製スライド&バレル。どちらもすべて削り出しで造られ、非常に高い精度を誇る。スライドはレディの希望で(特殊技法を使って)純白に染められた。 ○ベースのプラ製スライドをマットホワイト塗装しました。薄いデザインのシックな白スライドがシルバーのフレームと組み合わさって、洗練された綺麗な印象を与えます。

▼トリガー

耐魔の銀コーティングが施された特注トリガー。前面には「AMEN」の聖句がルーン文字で彫り込まれている。 ○ベースのプラ製トリガーにルーン書体で文字を手彫り後、シルバー塗装しました。

▼フレーム・フレーム追加ユニット

フレームは全体に溶接技術を使って補修され、シルバーに磨き上げられた。
追加ユニットはスライドと同じ特殊合金削り出しで造られ、その内部には射撃反動を大幅に軽減する機能と、連射性能を高める機構が内蔵されている。側面には「聖霊と共に、父なる神の栄光のうちに」を意味するラテン聖句が刻まれており、悪魔に対する威力を増している。

○プラ材を切削加工して追加ユニットをオリジナル製作しました。ベースのスライドと一体化するデザインで、全体にはゴツく、極力大きく目立つように(コスプレが目的なので^^)デザインしています。側面の聖句は手彫り。フレームは、ベースのプラ製フレームに文字を手彫り後、シルバー塗装しています。

▼グリップ

工房近くの革職人に外注で依頼されたレザーグリップ。
上質のブラウンレザーを使用してグリップパネルを型抜き製作している。同時に前面にかけてを覆うフィンガーチャネルカバーも追加されており、この側面には弾倉内の弾薬に巫女の力を送り込む魔法陣が赤く染め抜かれている。
このグリップをレディが握り込むことで、弾薬自体が霊力を持ち、悪魔に対する威力をより高めている。

○ベースのプラ製グリップパネルを革風に塗装。グリップカバーは樹脂粘土で製作し、同じく塗装後、グリップにステンレスネジで固定しています。魔法陣は薄く溝彫りしてからメタリックレッドで色入れ。白い全体色に対してグリップを茶色にすることで、『4』のレディのカラースタイルを連想させる配色にまとめました。

▼作者コメント

過去にジルと同じコスプレイヤーさんからご依頼頂いた作品群の一つです。

モチーフキャラクターの「レディ」のイメージカラーもあって、通常銃器の黒とは真逆の「白」を基調として、クリーンな印象のデザインに仕上げました。元々「銃は黒いものだ」なんてハナから思っていないインチキ銃職人なのですが、この白い銃が完成したときは、それでもなお斬新なインパクトを与えてくれました。

全体形状にどこか野暮ったさも残しつつ、表面はより洗練された「ブランド品の小物」のような小洒落た仕上げのデザイン。
『3』でのジャジャ馬小娘から『4』のセクシー・レディへの進化をイメージしながら造りましたが、わりと狙い通りの印象に仕上がったんじゃないかと思います^^

2010.3.21

Copyright @ 2022 Yuri-Harunobu all rights reserved.