トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

LADY's"Vz61-Albus Scorpio"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

▼銃剣&バレル

カスタム前にも装備されていた「銃剣」部分は本体と一体型になるよう滑らかなカーブ曲線を持った洗練されたデザインになり、特殊な白色金属素材と聖なる祈りの文字によって攻撃力を増している。
ブレードは近接戦闘時に斬りつけるというよりは、そのまま突き刺すこと(場合によってはそのまま発射)を想定しているようだ。また、銃身と一体になった上部には発射熱を逃がす冷却ホールを設けている。

○バレルをカバーするブレード一体型パーツを、プラ材を削ってオリジナル製作しました。
マットホワイト塗装仕上げ、ブレードの刃部分のみシルバーで塗り分けています。銃剣は微妙なカーブ曲面でしたが、彫り文字も含めてきれいに仕上がったと思います^^

▼フレーム

各部にはラテン語の聖なる祈りの言葉が彫り込まれており、悪魔に対しての攻撃力を高めると共に彼らからの念干渉による誤動作を防ぐ効果も持っている。
彫り文字の角張った独特の書体は古代ルーン書体で、これは巫女の血を引くLadyの魔に対する力を引き出す効果がある。この書体に関してはLady自身から予め注文があったという。

○フレームはベース本体の上部をマットホワイトで塗りわけ塗装しました。
マガジンは両面にラテン聖句を彫り込み、白で色入れ。
トリガーガードはカバーパーツをプラ材で削り出して被せました。この部分も文字彫り&白塗装仕上げ。

▼サイト

ノーマルVz61のサイトシステムをそのまま使用している。 ○ベースそのままです。
でもやっぱりレディはサイトとか見なさそう(´・ω・)

▼トリガー

攻撃の基点となるトリガーには魔除けの文字が彫りこまれた金のカバーが装着され、特に厳重に防御処理がなされている。 ○ベースのトリガーにオリジナル製作のカバーパーツを取り付け、ルーン書体で文字を手彫り後、プラチナゴールド塗装しました。

▼グリップ

ウッドグリップには特注のレザー製グリップカバーを装着している。
形はフィンガーチャネルタイプで、片手でもしっかりとしたグリッピングをサポート。円形に配置された赤い祈りの文字列の中央には大きくルーン書体で「A」の文字が彫られている。元々ルーン文字には一字それぞれに意味があり、この「A」は神およびその加護を意味し、直接手の触れるグリップにこれを配置することで能力を増加させている。

○樹脂粘土のカバーをオリジナル製作。文字を彫り入れて全体に革風に塗装し→メタリックレッドで文字部分に色入れしました。白い全体色に対してグリップを茶色にすることで、『4』のレディのカラースタイルを連想させる配色にまとめました。

▼作者コメント

過去に同じコスプレイヤーさんからご依頼頂いた作品群の一つです。

先の拳銃カスタム「Cz75改」と同じく、全体形状にどこか野暮ったさも残しつつ、表面はより洗練された「ブランド品の小物」のような小洒落た仕上げのデザインにしています。

特にVz61スコーピオンは『3』でもよく目立っていた銃剣付きの印象的な武器で、レディの装備をバージョンアップするとしたらまず欠かせないアイテムでしょう。

これは約二年前の作品でしたが、未だに綺麗にまとまられた作品だったと満足しています。
『4』の時代になって今や大人になったLadyも、この白いサソリをはじめ、数多くの新装備を手にしつつも、昔と変わらない「大暴れ」っぷりを見せてくれたらなあ、、と妄想しながら製作していましたw

2010.6.22

Copyright @ 2022 Yuri-Harunobu all rights reserved.