トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

M8000 Cougar "A3"

KSCのガスブローバック「M8000・クーガー」をベースに、「ワイルドアームズ4」の主人公が使用しているような未来的なデザインの銃、というご依頼イメージで製作したオーダーカスタム作品。

オーダー製作:2011年2月

▼“戦況を一転させる超エネルギー兵器”
(依頼概要)

mixiで知り合ったとある方からご依頼を頂いた作品です。
この方、スゴ腕(?)のゴシック&ヴァンパイアマニアなお人で、いつだったか “○○さんの銃をデザインするとしたらゴス系バリバリのリボルバーでしょうかね~w” とか何とかコメントしたら、本当にご依頼を頂きました(笑)

ご依頼主様は独自の世界観を既に持っておられて、その中心に一人の吸血鬼(正確には人間&吸血鬼の混血:ダンピール)がいました。
自身も半分吸血鬼でありながら、出生の事情と様々な経緯を経て今は「仕事として」ヴァンパイアを狩る敏腕ハンター。

そんな彼の代名詞ともいえるオリジナルの銃を今回ご依頼頂いて、デザインに関してはもう「言いだしっぺ」の私にほぼ一任してくださったので、好きにやらせてもらいましたw

メディア・ビジョン製作のRPG「ワイルドアームズ」シリーズ第四作(音出ます)。私はプレイしたことがありませんが、リメイクも含めて7作品も製作されており、その人気の高さが伺えます。このイラストでは主人公武器はガンブレードっぽい(?)形になってますねw

ワイルドアームズ4のパッケージイラスト。主人公がモチーフとなった武器を構えています。

XERD_003SS“シェイプシフター”。このイラストでは銃型ですが、劇中では剣や盾などにも変形する「変化自在」のナノマシン武器だそうです。

ベースはKSCのベレッタM8000クーガー(アイノックス)。これは元々がわりと未来ぽいというか独特な造形の銃なので、これを同じくKSCのバリエーションモデル「ターキィクーガー」っぽく削り込んで、さらにスマートにアレンジすることにしました。

特にスライド側面には、←左イラストのモチーフとなった銃を意識して印象的な「一本ライン」を入れることに。これはご依頼主様たってのご希望でメタリックレッドの線に決まりました。
その他グリップパネルなどもオリジナルで製作するということでデザインをまとめ、完成した作品と設定・詳細は次ページにて!

▼ゲーム:ワイルドアームズ ザ フォースデトネイター

ソニー・コンピュータエンタテインメントから2005年3月24日に発売されたプレイステーション2用ロールプレイングゲーム。『ワイルドアームズ アドヴァンスドサード』に続くナンバリングタイトルだが、間に『ワイルドアームズ アルターコード:エフ』を挟むため、実際はシリーズ第5作目。『WA:F』からのコンバートシステムがある。今作のテーマは「大人と子供」であると開発前は語られていた(実際、本編やTVCMなどでも全員未成年であるジュードら4人が未熟な子供であることが強調されている)が、これは建前上のものであり、本当のテーマは「進化」であることが攻略本のインタビューにて述べられている。(~Wikipediaより)

上述のとおり私はプレイしたことがないのですが、兵器“ARM”を軸としてストーリーが展開されるRPGだそうです。シナリオ・音楽・演出など、全体的に評価が高いようで、いずれ機会があれば遊んでみようと思っています(´ω`)

対応機種PS2
プレイヤー:一人

ワイルドアームズ ザ フォースデトネイター PlayStation 2 the Best