トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK BLACKsan  
 

→オーダー製作品 →サムライエッジ・ベータ改 →ストーリー設定 →各カスタムポイント

SAMURAI EDGE-ver.β改

マルイSEをベースに、ゲーム「バイオハザード」シリーズの世界観で
ラクーンシティ崩壊事件が起こらなかったイフ設定のS.T.A.R.S.専用銃
というイメージのオーダーカスタム作品。
オーダー製作:2011年3月
 
▼“漆黒のサムライエッジ後継銃”
(ご依頼概要&コンセプト)


mixiで知り合った方から“
サムライエッジ・ウェスカーモデルをベースとして、メインカラーを黒、アクセントを赤で”とのデザイン内容でご依頼を頂いたオーダーカスタムです。
サバイバルゲームもされるバリバリ実戦派の方でしたので、強度も考えつつパーツ選定。

元々先のデザイン内容ありきのご依頼なので次ページ掲載の「ストーリー設定」は後付けながら、カスタム内容やカラーリングから妄想しえる“別の歩みを辿ったバイオの世界”を設定してみました。
「ウイルス流失事件」は秘密裏に処理され、
ラクーン市は完全にアンブレラ社が牛耳る管理都市化。そこから波及して米国そのものが警察国家へと変貌しつつある…というオリジナルの公式シナリオとはまったく異なる情勢です。

ラクーンシティが残った以上、当然S.T.A.R.S.も存続しているわけで。この組織が社会を管理・調整する完全なるアンブレラの特殊部隊化していたら面白いな〜等と色々妄想を膨らませました。
 
ウェスカー氏。バイオシリーズ世界観での悪役を代表するキャラクターで、『5』ではクールでダークなナイスミドル(笑)として登場します。
 
   

ベースは当然マルイのサムライエッジ。これをまず「ウェスカーモデル」風のレール&ビーバーテール付き専用フレームにカスタムし、バレルもタニオコバ製のメタルアウターに交換しました。

さらにご依頼主様との相談の結果サバゲでの実戦使用も考慮して先端にはサプレッサー装着用スクリューを追加、グリップはTMのフィンガーチャネルつきラバーグリップに交換。そしてカラーリングは前述の通り黒ベース&アクセントとして各部に赤で仕上げています。

完成した作品と設定、詳細は次ページにて。

 
ゲームキューブ版「バイオハザード」リメイクver.でのウェスカーさん。専用サムライエッジを装備しています。   今後発売予定のバイオ新作「オペレーション・ラクーンシティ」ではラクーン市事件の裏側が語られ、アンブレラの特殊部隊が活躍するようです(`・ω・´)
 
設定ストーリーのページへ→
 

▼ゲーム:バイオハザード 5

2009年にカプコンより発売された、「ホラーアクションアドベンチャーゲーム」。『バイオハザードシリーズ』の第7作目です。
洋館事件から10年後。巨大製薬企業アンブレラの崩壊により、その手中にあった生物兵器がテロリスト達の手に渡り、狂った目的を果たすために紛争地域でウイルスが悪用されていた。人々は恐怖に慄き、各国はテロの封じ込めを図るため製薬企業連盟が創設したバイオテロ対策部隊“BSAA”を国連直轄の新組織として再編した。そのメンバーには洋館事件の生存者であるクリス・レッドフィールドの姿があった。そして彼はアフリカの戦渦の地から不穏なバイオテロの情報を受け、キジュジュ自治区を目指す。その先に因縁の戦いの再開が待っているとも知らずに……。 〜wikipediaより
もう初作設定より10年になるんですね;前作『4』と同じくTPS風のゲーム構成。敵さんもゾンビではなく「寄生」された人間です。アフリカを舞台に、新組織所属のクリスが新たな相棒と共に駆け巡り、因縁の黒幕ウェスカーと最終対決!ホラー要素が減って賛否両論もあるようですが、ゲームとしては概ね好評な、しっかりとしたアクション「シューティング」です^^

対応機種:Xbox 360、プレイステーション3、Microsoft Windows
プレイヤー:一人〜二人

 

バイオハザード5 オルタナティブ エディション PlayStation 3 the Best

Copyright @ 2008-2017 Yuri-Harunobu all rights reserved.
R