トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

CONSTRICTOR maxi8カスタム "NIDHOGG"

マルシンのXカートリッジシリーズ(maxi8)コンストリクターをベースに、ご依頼主様オリジナルデザインのバレルとグリップを装着した大口径リボルバーを立体再現したオーダーカスタム。

オーダー完成:2013年9月

▼ブラッディナンバーの系譜
(依頼概要)

マルシンのXカートリッジシリーズ「コンストリクター」※をベースに「過去作ブラッディナンバーの流れを汲むデザインのオリジナルカスタムを~」とご依頼頂いた作品です。
※コルト・アナコンダをベースにした、マルシン工業のオリジナルカスタムスタイルリボルバー。

今回はまずご依頼主様から右のデザインスケッチ(絵が上手い!)をお送り頂いたので、デザインはそれでほぼ決定。
最初は「本体=黒/刻印&トライバル模様=赤/グリップ=茶」のカラーリングだったのですが、加工内容とご予算も踏まえてご相談の結果、トライバル模様を削除して黒一色ということに決まりました。

そんな流れで今回は珍しく完全デザイン先行で製作したのですが…完成後に初めて18禁PCゲーム『斬魔大聖デモンベイン』の世界観/設定を想定されていたとお聞きして、ビックリ&激しく納得―したのでした。言われてみたら確かにクトゥグアっぽい(´ω`)w

ご依頼主様自ら描いて下さったデザインスケッチ。細部まで立体的に描かれていて、もうまったく言うことありません(;´Д`)wちなみに銘のニーズヘッグとは、北欧神話に登場する蛇の名前です。

決定した仕様を元に作成した最終デザイン画。黒一色にしたことで、結果的にかなり引き締まったと思います。

『斬魔大聖デモンベイン』に登場する銃“クトゥグア”。銃身下のスリットとか、よく似てます;

ベース品は前述の通りマルシン「コンストリクター」。
バレルは元々PPCスタイルの角張った形状なのでアレンジは楽でしたが、グリップは特殊な形状なのでほぼイチからの完全オリジナル製作になりました。マルシンのガスリボルバーは東京マルイと同じくグリップ内にガスタンクがあるので、それを収納しつつ形を再現する必要があります。

製作期間は実質2ヶ月。完成した作品と設定、詳細は次ページにて。