トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK    
 

→オーダー製作品 →"エンジェルイーター" →ストーリー設定 →各カスタムポイント

"エンジェルイーター"
〜各部カスタムポイント

■この文字色は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。
■この文字色は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。
 

▼バレル

角型8・3/8インチのロングバレル。
左面にエンジェルイーターの銘と生まれについての記載/弾薬の調合についての記号、右面にはグレモリーが使役者に向けた言葉「Thou shouldst eat to live, not live to eat.(食べる為に生きるな、生きる為に食べろ)」が刻印されている。

○プラ素材でオリジナル製作しました。
外注加工で各種の文章をレーザー刻印してもらい、二重塗装&研磨でエイジング仕上げ、文字刻印部分を白墨入れと、かなり手間をかけて仕上げています(´ω`)ゞ

銃口。ライフリングのクラウンが見えている。インナーバレルの先端も黒染め仕上げしてあります。
各種刻印が彫られたバレル左面。何となくヘルシングっぽさもありつつ…^^
 

右面の刻印。「私欲の為に使うのではなく、己がこの世で生きる為に使え」という意味が込められている。

 

▼サイト

フロントサイトは通常よりも少し厚みが増している。サイトの台座正面には「魔血魂」と呼ばれるグレモリーの銃形態時の核が埋め込まれており、索敵機能やレーザーやフラッシュライトのような機能も持っている。

○フロントサイトをプラ板で挟み込んで厚みを増しました。サイトの台座正面はプラ製クリスタルを埋め込んでいます。

フロントサイトと台座の「魔血魂」   厚み(幅)の増したフロントサイト。赤いブロックは塗りつぶしました。   リアサイトはノーマル。  
 

▼シリンダー

女性的なノンフルート(溝なし)形状で、重く強力な弾薬を保護するための強度も増している
○ベースパーツを埋めてノンフルートにしました。スゲー手間かかりました(´ー`)フフフ

▼サムピース

腰掛けの王冠が姿を変えた菱型のカスタム型サムピース。機能的にはスピードシューティングに適している。
○別メーカーのパーツを加工して無理やり取り付けました( ゚∀゚)

ノンフルートシリンダー。敢えてツルっと溝のないこの形状、ロマンです。

  6発のカートリッジを装填可能。エジェクターロッドも少しだけですが機能します。   S&Wのカスタム部門「パフォーマンスセンター」で使用されるタイプの菱型サムピース。  
 

▼ハンマー

悪魔の尻尾が変化したティアドロップ(涙型)のハンマー。素早い操作が可能な形状。
○ベースパーツを涙型に切削加工しました。

▼トリガー(トリガーガード)

トリガーは一般的な形状だが、トリガーガードは角型になっている。
○プラ素材を継ぎ足して角型にしました。全体の高さも2mmほど高く調整してあります。

涙型のハンマー。素早く確実に操作が可能。   フレーム右面にはグレモリーの印章が刻印されている。   角型のトリガーガード。ベレッタによく似てます(´ω`)  
 

▼グリップ

グレモリーの乗る大駱駝が姿を変えたグリップ。主人が認める者以外がこの銃を扱えない様に守護する役割を担っており、そぐわない者が使用しようとすると大怪我を負う。
○持ち込みで装着されていた木製グリップです。とても良い色合い(´ω`)

▼弾薬

.44口径で440grという重量を誇る対神戦用エキスパンディング・ポイント弾。錬金術にも通じる特殊な製造法で製作されるため、作れる者は非常に少ない。
○ベース品のさびさびだったXカートリッジ(w)を磨いてクリアコーティング仕上げしました(´∀`)

グリップ外観。

  フィンガーチャネル形状。   12発だ。…いいか今回は12発だ!  
 

▼作者コメント

女性型の魔神が姿を変えたというコンセプトながら、使い込んだ渋みと実用的な機能を満載した今作。

重厚なスクエア型バレルやノンフルートシリンダーなど、かなりクラシカルな要素もあるのですが、不思議と野暮ったい印象にはなりませんでした。

エイジング仕上げは
"VAMPIRE HUNTER"に続いて2回目ですが、今回は平面が多い分その質感が強調されて中々上手くいった気がします。

設定もデザインもご依頼者様がキッチリ作り込まれていたので私はひたすら立体化製作に専念した作品でしたが、当初のご希望をしっかり再現した作品に仕上げられたのではないでしょうか(*´ω`)

2017.9.27

 
←ストーリー設定のページへ ORDER CUSTOM メニューへ戻る→
 
Copyright @ 2008-2017 Yuri-Harunobu all rights reserved.