トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK    
 

→オーダー製作品 →"魔弾の銃" →ストーリー設定 →各カスタムポイント →コラボ写真

パイソン"魔弾の銃"

マルイのガスリボルバー「パイソン.357マグナム」をベースに、堕天使との契約によって「魔弾」を撃ち出す呪われた銃、という設定で製作したオリジナルカスタムです

東京マルイ・ガスリボルバー
 

▼ストーリー設定

廃工場の前に男が一人立っている。
この工場跡地はギャングのアジトで、麻薬工場として今も稼働しているとの確かな情報があった。

男は元・麻薬対策班の捜査官。
しかし潜入捜査にあたっていた同期の同僚で親友だった捜査官が先月、殺された。

組織に入り込み、操作を行っていたのが露見して、見せしめに拷問を受けて殺害されたのだ。
遺体は無残に四肢を切断され、高速道路の高架に吊るされていた。

男はすぐに報復に出ようとした。しかし組織のしがらみがそれを許さなかった。次の機会を伺うため、決して動いてはならないと。
残りの命を復讐にささげることを誓った男は無断で麻薬対策班を抜け、地下に潜った。

 

地下に潜伏した男は、ある噂を聞きつけた。悪魔崇拝のとあるギャングが「魔弾」の銃の製法を知っているというのだ。男はすぐに動いた。

手がかりをたどってギャングの隠れ家を突き止めた男は、まさにその儀式の途中であったと思われる部屋にたどり着いた。

儀式に失敗したのだろうか、そのギャングは既に死んでいた。額に穴の開いたギャングの死体の傍らには、血まみれのマグナムリボルバーと赤い結晶体、そして悪魔の書と祭壇が残されていた。

男は部屋をあさり、儀式の詳しい内容を調べあげ、銃を組み立て、1週間かけて「魔弾の銃」を完成させた。

その間飲まず食わず、まったくの不眠であったにもかかわらず、不思議なことに男はまったく弱っていなかった。

 

完成した銃の外観は実に禍々しい形だった。

四角く分厚い銃身。
各部に彫り込まれ、赤く彩られた呪詛の文字。
正体不明の赤い結晶がトリガーガードとグリップの端に取り付けられている。
グリップに彫り込まれた模様は逆さの十字架。

装弾数は6発、弾薬は.357マグナム弾で、近距離で撃たれた人体は挽肉同然になる。


その完成した「魔弾の銃」を手に、男はいま廃工場の前に立っている。
ついに復讐の時が来た。

一気に扉を蹴り開けた男は、呆然とするギャングたちに正確に弾丸を打ち込んでいった。扉の真横にいたギャングの頭が吹き飛ぶ。
一人につき1発。
…3発、4発、5発、6発。

 

シリンダーを振り出し、空薬莢を排出。すかさずスピードローダーを使って新たな6発を装填。

eins(1発)
zwei(2発)
drei(3発)
vier(4発)
funf(5発)
sechs(6発)

ドイツ語の数字が刻まれたシリンダーが、1発撃ちこまれるごとに1/6ずつ回転していく。

そして銃撃と虐殺は唐突に終わった。
シリンダーは空。
計12発のマグナム弾はきっちり12人のギャングを死体にしていた。

硝煙の漂う銃を構えたまま、虚ろな目で立ち尽くす男が、銃を下ろそうとした瞬間。

銃口から存在しないはずの「7発目」が発射され、男は崩れ落ちたのだった。

 
←ご依頼概要のページへ 各部カスタムポイントのページへ→
 

▼ベース:東京マルイ社製コルトパイソン6インチモデル(新型)

実銃は1956年にコルト社が開発した.357口径の大型リボルバーで、仕上げの高級さと高価格から「リボルバーのロールス・ロイス」とも呼ばれています。構造上多くの手作業での調整と念入りな仕上げを施された、まさに「熟練の技による名銃」。
このコルトパイソンを、性能・品質共に信頼性抜群の東京マルイがモデルアップ。同社独自の24連射システムを搭載し、リボルバーの装弾数の少なさという弱点を克服しています。また旧モデルから発射システムにも改良が加えられ、確実な装弾・発射が可能。仕上げも旧作の艶消しブラックから“コルトロイヤルブルーフィニッシュ”を彷彿とさせる「スティールブルー仕上げ」になって、見た目にも質が向上しました。6インチモデルは特に長銃身による高い命中精度と迫力の外観が魅力です。

全長:290o 重量:607g 装弾数:24発

東京マルイ No.19 コルトパイソン 357マグナム 6インチ 18歳以上ガスリボルバー

 

▼パーツ:キャロムショット製マルイNEWパイソン◇357アキュラシーカート

東京マルイの新型パイソンシリーズ用の金属製カートリッジ(6発セット)です。『.357マグナム弾』の外観をリアルに再現しており、しかも一発につき8点のパーツからなる精度の高い構造で、BB弾をスムーズにチャンバーに送り込んで命中精度をキープできる優れモノ。
弾の装填数はカート一発につきBB弾1発に減りますし、パイソン本体のシリンダーから「24連射システム」のパーツを取り去る作業も必要ですが、それでもリボルバーの醍醐味であるカート6発の装填と手動排莢を金属素材の重みと共に体験できるメリットは大きいです。カート式リボルバーはロマンです(´ω`)←

キャロムショット <東京マルイ製>パイソン用 アキュラシー カートリッジ 6発入り

Copyright @ 2008-2018 Yuri-Harunobu all rights reserved.