トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK    
 

→オーダー製作品 →エクスキューショナー.45" →ストーリー設定 →各カスタムポイント

"Executioner.45"
〜各部カスタムポイント

■この文字色は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。
■この文字色は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。
 

▼スライド

金色の刻印が施された専用スライド。
見た目はノーマルと同じ形状だが、後述の専用弾に合わせて素材的に強化されている。仕上げは銃全体にわたって艶のある黒色。

○純正スライドの刻印を埋めて彫り直しました。
艶消し黒の塗装後に全体に研磨して艶を出す仕上げで、刻印部分は金色で色入れしました(*´ω`)綺麗に仕上がった!

黒く艶のあるスライド。
左面には金刻印で「Executioner†.45exc」が刻まれている。
 

右面にはうっすらとコルトガバメントモデルの刻印も。

 

▼バレル

口径は.45口径だが、強力な弾薬「.45EXC」弾を発射するための専用強化バレル。
「.45EXC(Executioner)弾」は.45ACP弾と同サイズながら、特殊な火薬と強力な弾頭によって.454カスール弾に匹敵する程の威力を発揮する弾薬。一連の「悪人の処刑」を行った男がとあるガンスミスに作らせたもので、他には一切出回っていない専用弾薬である。

○純正バレルのチャンバー刻印を埋めて彫り直し、塗装し直しました。

ブッシングもプラグも黒一色の銃口。   .45口径/.45EXC弾専用のバレル。   チャンバーカバーにも.45EXCの刻印が彫り込まれている。  
 

▼サイト

純正品のノーマルサイト
○純正パーツ未加工。細かいこだわりですが、唯一このパーツだけは艶消しのまま残してあります。

▼ハンマー&グリップセイフティ

クラシカルなリングハンマーに、形状を合わせたダックテイルタイプのグリップセイフティが装着されている
○ハンマーは市販カスタムパーツに交換。グリップセイフティは純正パーツを削り込んで加工しました。
(ノーマルのセイフティ形状だとリングハンマーが干渉してしまってまともに動作しなくなってしまうのです;)

前後とも'70のノーマルサイト。

  リングハンマー。   リングハンマーに合わせたダックテイル型グリップセイフティ。  
 

▼フレーム

ベースは'70ガバメントのフレームだが、トリガーガード付け根やマガジン挿入口に丁寧な加工が施されている。

○ベースの純正品パーツに加工を施しました。

'70独特のフレーム。   ハイグリップ用に削り込まれたトリガーガード付け根。   テーパー処理を施されたマガジン挿入口。  
 

▼各操作系パーツ

トリガー、スライドストップレバー、サムセイフティ共にカスタムパーツに交換されている。
各パーツとも使用者の好みと癖を反映してチョイスされており、確実に操作できるようにガンスミスによって調整が施されている。

○3つとも市販カスタムパーツに交換しました。
今回特に擦り合わせ等は必要ありませんでしたが、非純正品パーツの組み込みの際はどこで調整が必要になるかわからないので毎回ドッキドキします(;´Д`)

McCormickタイプのトリガー。

  ロングタイプのスライドストップ。   サムセイフティはEd Brownタイプ。  
 

▼グリップ

十字架とヨハネの黙示録6章8節の文が彫り込まれた木製グリップ。
その言葉は、
「地上の人間に死を与える黙示録 第四の騎士」
そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。そしてそれに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには地の四分の一を支配する権威、および、剣と、飢饉と、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが与えられた。


市販の木製(オーク材)グリップを装着しました(´ー`)ゞ
すごく雰囲気出てて今回のカスタムにはピッタリだったと思います。

十字架の彫り込まれたグリップ左面。   右面にはヨハネ黙示録6章8節の言葉が彫り込まれている。  

シングルカラムのガバメント用マガジン。.45EXC弾薬が7発装填できる。

 
 

▼作者コメント

「神の代行者として悪人を処刑していく男」の銃をイメージした今作。

内容はスタンダードなガバメントカスタムですが、戦う聖職者というイメージに合わせてグリップを選んだり、ご依頼主様お気に入りという「ジッポーライター」を参考に、色と質感を決めていきました。

「設定ストーリー」はご依頼主様があらかじめかなり詳しく書いてくださっていたので(言い回しや表現に少々アレンジは加えつつも)メインのあらすじはほぼそのまま使用させて頂きました。

実際の製作では、カスタムの内容がシンプルな分「色や質感の仕上げ」がご希望通りに仕上げられるか少し懸念もありましたが、最終的にはイメージ通りご満足頂ける作品に仕上げられたようで一安心です(´ー`)


2018.7.26

 
←ストーリー設定のページへ ORDER CUSTOM メニューへ戻る→
 
Copyright @ 2008-2018 Yuri-Harunobu all rights reserved.