トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK    
 

→オーダー製作品 →"ケルベロス・クール" →ストーリー設定 →各カスタムポイント

"ケルベロス・クール"
〜各部カスタムポイント

■この文字色は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。
■この文字色は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。
 

▼スライド

クールの赤いたてがみを彷彿とさせる5インチスライド。
側面に「Kerberos Cool」の銘とクールの左目&傷跡の意匠が彫り込まれている。
○純正スライドの刻印を埋めて彫り直しました。光沢のある赤色で塗装後、刻印部分を黒、傷跡部分をピンクで色入れ仕上げ。

▼バレル

シルバーの.45口径コーン型バレル。
○純正パーツそのままです。最終的にフルオートでガシガシ動くのであえて無塗装・純正品で残しました(´ω`)ノ

スライド外観。
マズルフェイス。リコイルガイドもシルバー。
 

チャンバーカバーもシルバー。

 

▼コンペセイター

クールが「大変革」によってキングケルベロスに進化した際、追加されるコンペ。スライドと同色の赤色で上面に6つのガスホールが開いており、強すぎるキングケルベロスの噴射魔力を効率よく放出して発射時の衝撃を抑制する。

○市販カスタムパーツを赤色に塗装仕上げしました。

スライドの刻印。クールの特徴的な左目が彫り込まれている。   コンペのマズルフェイス。非常に攻撃的な見た目に変化している。   上部のガスホール。…噴射魔力って何ですか?( °Д°)←  
 
▼サイト

フロントは普通のドット入りフロントサイト。初期クールでは一般的な「黒地に白ドット」入りサイトだが、キングケルベロスに進化すると「金地に黒ドット」に変化する。リアサイトは前後左右調節が可能なアジャスタブルタイプで変化なし。

〇基本的には純正パーツそのまま。キング状態のフロントのみ金塗装+黒ドット色入れで仕上げました。これはキングケルベロスの金の一角ツノをイメージしています(´ー`)b

ノーマルの黒いフロントサイト。

  キングケルベロスの金のフロントサイト。ドットも黒くなっている。   前後左右に微調節可能なリアサイト。  
 

▼シャーシ&フレーム

初期状態では標準的な短いシャーシ。フレームはクールの体毛と同じ紫色で、トリガーガードの広い特徴的なデザイン。
〇シャーシは純正品。フレームは市販カスタムパーツを半艶の紫色に塗装仕上げしました。

▼トリガー

クールの鋭い爪が変化した赤いトリガー。
〇市販カスタムパーツ(アルミ製)を赤色に塗装仕上げしました。未加工だとフレーム上部に干渉してスムーズに引けなかったので、上面を削って擦り合わせ調整してあります(;´ω`)

初期状態クールのフレーム&シャーシ。標準的なデザイン。   前方に大きく広がった特徴的なトリガーガード。   クールの爪が変化した赤いトリガー。  
 

▼レールシャーシ&レール装飾

キングケルベロスに進化するとシャーシは7インチ対応のロングタイプに変化する。底部にはレールがあり、キングケルベロスの首輪を模したレール飾りを装備している。

○市販品のレール付きシャーシに交換。プラ素材(狼ヘッド部分=市販アイテムは金属製)でオリジナル製作したレール飾りを装着しました。底部は首輪のスパイクをイメージ。2本のイモネジとスペーサーでレールに固定しています。

コンペ底部まで伸びたレール付きシャーシ。

  キングケルベロスの首輪を模したレール飾り。底部にスパイクがついている。   レール飾りパーツはイモネジとスペーサーで固定。ネジを緩めれば取り外すこともできる。  
 

▼スライドストップ

初期状態ではノーマルの黒パーツ。キングケルベロスになると赤いロングタイプに変化する。
〇黒は純正品。ロングタイプは市販パーツを赤く塗装しました。しかし「刹那」カスタムはスライドストップが機能しないので、実はただの飾りだったりします(;´Д`)

▼サムセイフティ

赤いアンビタイプのサムセイフティ。
〇純正パーツを赤く塗装仕上げしました。

初期状態のノーマルスライドストップ。   キングケルベロスに進化すると赤いロングタイプにチェンジする。…ただしスライドストップしないので実質飾り(;´Д`)ゞ  

赤いサムセイフティ。アンビタイプなので左右どちらからでも操作できる。

 
 

▼ハンマー

シルバーのスクエアハンマー。ちなみにキングケルベロスに形態変化するとその余りにも強力なパワーを抑えきれず魔力が溢れ出す危険があるため、常にハンマーを開放しておかなくてはならない。
〇純正品をそのまま使用

▼グリップセイフティ

赤いビーバーテイル型グリップセイフティ。
〇「刹那」カスタムの加工済みパーツを赤く塗装仕上げしました。左側面にスイッチがあり、これを上下にスライドさせることでセミ/フルの動作を変更できます。

銀色のスクエアハンマー。

  グリップセイフティ。セイフティとしての機能はキャンセルされている。またフレーム側もパーツに合わせて削り加工してある。   左側にセミ/フル切り替えスイッチがある。上がフルオート、下がセミオート。  
 

▼グリップ

クールの足元が変化したグリップ。マグウェルがついており、マガジン装填が素早く行える。

○マグウェル部分を黒く残したまま紫に塗装仕上げ。底部にはマガジン挿入をサポートする(という名目の飾り)パーツを取りつけました(´ー`)

初期状態のグリップ外観。   キングケルベロスに進化したグリップ外観。  

底部に取り付けられたマガジン挿入をサポートする(という名目の飾り)パーツ。

 
 

▼弾倉

初期状態では14発装填のノーマルマガジン。
キングケルベロスに進化すると20発以上装填可能なロングマガジンに変化する。ロングマグにはフィンガーチャネルも装備されており、背面には「King Kerberos」の刻印が彫り込まれている。

○二本とも純正品をベースにマガジンバンパーを赤く塗装仕上げしました。50連マガジンには樹脂素材でフィンガーチャネル付きカバーを追加。ご依頼主様の「派手さがほしい」とのご希望で黒×赤のツートンカラーにしてあります。背面には狼モチーフと銘の刻印をレーザー刻印。ちなみにロングマガジンは放出バルブが交換してあり、さらにフレームとの相性が良くないのか度々給弾不良をおこしてずいぶん悩まされました( ;∀;)少しは改善したものの実は未だに動作が完璧ではなくて、今回かなりの反省点です(汗

ノーマルとロングマガジン。マガジンバンパーは赤。

  ロングタイプにはツートンカラーのカバーが装着されている。   背面の刻印。綺麗に彫り込まれています。  
 

▼作者コメント

ケルベロス族の「クール」をイメージした今作。

ご依頼主様からお借りした資料を読みつつストーリー設定をまとめたんですが、これって少年向け「コミックボンボン」に連載されていたにしてはけっこうハードなストーリー展開でしたw

そんな中で健気に主人公をサポートし続ける「クール」自身も悲惨な過去を抱える成長途中のデビルだったわけですが、セツナ同様世界を守るために「強くなりたい」という強い動機を持って各地を転戦し、それだけに最終戦の大変革でたくましく進化した姿を見せてくれた時はかなりテンションが上がりました。

デザイン的にもノーマル状態から7インチ大型カスタムへのチェンジでデビルの「ランクアップ」を表現できたので、ストーリー設定とリンクして上手くまとめられたんじゃないかと思います(´ω`)ゞ


2019.1.8

 
←ストーリー設定のページへ ORDER CUSTOM メニューへ戻る→
 
Copyright @ 2008-2018 Yuri-Harunobu all rights reserved.