トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK    
 

→オーダー製作品 →ハイキャパE"M6K-PDW" →ストーリー設定 →各カスタムポイント

ハイキャパEカスタム"M6K-PDW"

東京マルイの電動ハンドガン「グロック18C」をベースに、
ゲームHaloの世界観で、日本所属スパルタン隊員のルーキー
持つ
普及型M6系ハンドガンというイメージで製作した
オーダーカスタム。
東京マルイ・電動ハンドガン
 

▼STORY設定

西暦2525年に勃発し、長きに渡って続いたコヴナント戦争は2553年に終結した。

しかし戦争は終わらなかった。

終戦翌年の2554年には早くもコヴナント残党軍が統合地球政府のコロニードラエトヘルスVに対する侵攻を開始。

2557年にはコヴナント軍残党の一派、ジュール・ムダマ率いるコヴナント軍が惑星レクイエムを発見。
数十万年の間眠っていたダイダクトを目覚めさせ、手を組んだ両者は人類へ対する攻撃を開始した。

―第二次コヴナント戦争の始まりである。

 

M6シリーズは、軽度の貫通力を備えた軽火器(ハンドガン)である。ミシェラン兵器廠で製造されている短銃身火器で「個人防衛火器システム」の装備名の通り、主にサブウェポンとして護身用に運用されることを想定しているようだ。

UNSC防衛軍によって採用されてから既に140年は経過している歴史の長い武器で、反動式/12.7 x 40mm弾薬を使用。

総じて堅牢で信頼性が高く、スリップスペース内部の強烈なGや高高度での訓練でも動作できるなど非常に優れている。

民間 治安維持機関で使用されるM6Aをはじめ数多くのバリエーションがあり、確認されているだけでも A, B, C, D, E, F, G, H, I, J, K, と S が存在する。

M6K-PDWはそんなM6シリーズ・バリエーションモデルの一つで、前モデルM6J-PDWを参考に開発された。

 

コヴナント残党軍/ダイダクトとUNSCの激しい戦いが続く2557年。
いまだ脅かされ続ける地球防衛のため、UNSC極東支部でも新設部隊のルーキー達の訓練が続けられていた。

訓練で使用されているのは同年に制式拳銃として採用されたばかりの「M6K-PDW」※である。

この銃は極東支部に在籍するスパルタン隊員の生き残りによって発注され日本で開発された「M6J-PDW」の後継モデルともいえるもので、非常に強力ながら出力調整が難しく、一部のベテラン兵士にしか扱えなかった同モデルをベースとして設計された普及型拳銃である。

※M6シリーズの私服警官用モデル「M6K」と型番が被っているがこちらは軍用の護身用銃器であり、正式型番はM6Kのあとに必ず「-PDW」が付く。

 

M6K-PDWも従来のM6シリーズと同じく12.7 x 40mm弾薬を使用するが、Jモデルで使用された『プラズマエネルギーユニット』の代わりとして『F.R.E.Cシステム』が採用されている。

これは「ForeRunner's Energy Coreシステム」の略で、ダイダクトと共に発見されたフォアランナーのロストテクノロジーのうちの一つを流用したもの。

Jモデルと同じく発射時に弾頭をプラズマコーティングして射出することで貫通力を高めるが、こちらはコアとして使用されているフォアランナークリスタルの「物質の運動精度を強化する」特性を活かして圧倒的な命中精度も併せ持つ。

この機能は、訓練後まもなく実戦に駆り出されるUNSC軍の新人兵士にもベテラン兵士と同等の射撃能力を与えるものとして期待されており、次世代のスパルタン兵士たちの基本装備ともなっていくはずである。

 
←ご依頼概要のページへ 各部カスタムポイントのページへ→
 

▼ベース:東京マルイ社製 電動ハンドガン グロック18C

実銃はオーストリアの銃器メーカーであるグロック社が開発したダブルアクションオンリーの自動式拳銃。ポリマーフレームを本格採用した銃で、その信頼性、安全性から世界中の警察などで幅広く使われており、現在は本国のオーストリア以外にも、フィンランド、スウェーデン、インドやアメリカのFBIなどの法執行機関に配備・採用されています。G18Cは同社の基本モデル「グロック17」にフルオート連射機構を搭載し、さらにアウターバレルにマグナポートを設けることで連射による反動を抑えたモデル。
このG18Cを、性能・品質共に信頼性抜群の東京マルイが電動ハンドガンとしてモデルアップ。基本装弾数30発。バッテリーを使用した電動ガンで、ガスはもちろん不要。ブローバックはしないので撃ち心地は少々物足りないですが、夏も冬も安定した性能を発揮します。最大飛距離50mオーバー、可変ホップアップダイヤルによる弾道調整、セレクターレバーの操作でセミオート&秒間15発のフルオートも可能、さらに専用アクセサリーのロングマガジンを装着すれば100連射も可能という、安定性、集弾性、多弾数の全てが揃った実戦性が魅力のモデルです。

全長:201o 重量:678g 装弾数:30発(ロングマガジン:100発

No4 グロック18C (18歳以上電動ハンドガン)

Copyright @ 2008-2019 Yuri-Harunobu all rights reserved.