トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

アルバート.W.モデル 00X

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

▼スライド

純正仕様のスライドだが、側面に「UMBRELLA CORPORATION」と「ALBERT.W.MODEL 00X」の刻印が追加されている。また、表面仕上げは通常品とは違う特殊コーティングが施されている。

○純正スライドの一部刻印を埋めて均し、再刻印してもらいました。仕上げはパーカライジング風の塗装仕上げ。これでちょっとミリタリーっぽさが増しています(´ω`)

▼バレル

シルバーのカスタムバレルに交換されている。グリーンのOリングはスライドとの隙間をタイトにしてガタツキを防止する効果があるようだ。 ○ご依頼主様の方で既に市販のカスタムパーツに交換されていました(´ω`)

▼サイト

メーカー純正のホワイトドット入りサイト。 ○純正パーツそのままです。

▼操作系パーツ

操作系パーツもメーカー純正品そのままの仕様。デザイン段階ですでに「左右両方からの操作が可能」なように徹底してアンビデクストラス設計にしてあるため、セイフティ、スライドストップ、マガジンキャッチ、全ての操作系レバーが左右両方から操作でき、どのような状況でも柔軟に銃を運用できる。大型のトリガーガードはグローブを着用していてもトリガー操作がしやすい。

○こちらもすべて純正品そのまま。操作のしやすさももちろんそのままで、ここまで徹底してアンビにしてある仕様はハンドガン設計としては一つの頂点のような気がします(´ー`)

▼グリップ

"スパイダーグリップ"とも呼ばれる独特の曲面設計が特徴のポリマーグリップ。着脱交換可能なバックストラップで射手の手の大きさや癖にあわせて調整でき、浅めのフィンガーチャネルや滑り止めのシボパターンの効果とも相まって非常に握りやすく、ガンコントロールがしやすい。その純正仕様のグリップに新生アンブレラの象徴である「青い傘」のロゴマークがメダリオンとして埋め込まれている。

○純正そのままのグリップフレームに、メダリオンがピッタリ収まるサイズの八角形の凹をレーザーで彫ってもらい、接着&埋め込みました。

▼作者コメント

カスタムの内容としては非常にシンプルな今作。

しかしそれでもバイオハザードシリーズの長い歴史と確立した世界観のおかげで、社名のロゴとメダリオンを追加しただけであっても見てすぐに「新生アンブレラの銃」だとわかる仕上がりになりました。

設定ストーリーは基本的にご依頼主様が自ら執筆してくださった文章を元に、私が少し盛って描いています。文中に少しだけ登場していた"BSAAで試験投入されたもう一つの.45"も、いつか別の形で詳細をお見せできるかも?(`ー´)b

2020.5.3

Copyright @ 2020 Yuri-Harunobu all rights reserved.