トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

P226"ハングドマン"

マルイのガスブローバックガン・シグ ザウエル P226レイルをベースに「旧アンブレラ社で試作されたシグベースのタクティカルガン」をイメージして製作したオーダーカスタム。

オーダー完成:2020年6月

▼P226にメダリオンとUSS刻印を~
(依頼概要)

過去作品「M9A1ジャスティティア」のご依頼主様からリピートでご依頼を頂いた作品です。

今回はマルイのガスブロP226に刻印とセレーション追加、お持ちのウッドグリップをツートーン仕上げにした上で旧アンブレラのメダリオンを取り付け、フレームにもビーバーテイルを増設してほしいとのご依頼でした(*´ω`)

また塗装は本格的なセラコート仕上げ、リアサイトも新規製作など、かなり凝ったカスタム。

全体のカスタム構成は実銃シグ・サワー社の「P226 エリート」に近いセットアップで、これをカラーリングや刻印でアンブレラ仕様に~といった印象のご希望内容でした。

今やもう伝説と化した感のあるラクーンシティ崩壊事件。この地では数多くの逸話が生まれ、また数多くのものが失われました。

主なベースとなったシグ社のP226 Elite。

また興味深いことに今作のカスタム構成はのちのセンチネルナインにも共通する部分が多く見られる。

ベース品はマルイのガスブローバックP226R。形状変更やセラコート塗装も含んだフルカスタムです。

製作開始から外注加工も含めて最終完成まで…いろいろあって約18ヵ月(ほんっとにお待たせしましたすみません;;)。完成した作品と設定、詳細は次ページにて。

▼ゲーム:BIOHAZARD RE:3

再誕!2作を収めた贅沢な1本、『バイオハザード RE:3』を遊び尽くせ!極限からの生還を目指すサバイバルホラー『バイオハザード3 ラスト エスケープ』のフルリメイク作品と、オンラインでの新たなバイオハザードともいうべき、非対称対戦サバイバルホラー『バイオハザード レジスタンス』とをあわせたコンピレーションタイトル。
 『バイオハザード RE:3』 舞台となる1990年代の空気感が色濃く刻印されたラクーンシティ。本作では屍者の街へと変貌しつつあるラクーンシティが現行機ならではの密度で表現されている。多くの名作を生み出してきた“RE ENGINE”のパワーで美しく再生された街と、新たな解釈で新生したジル・バレンタインをはじめとした登場人物たち。そして、より恐ろしく生まれ変わったネメシス-T型が織りなすドラマに注目だ。
 『バイオハザード レジスタンス』 事件に近しい時間軸のラクーンシティを舞台とした対戦サバイバルホラーが『バイオハザード レジスタンス』だ。アンブレラ社が秘密裏に行っていた人体実験。過酷な状況に被験者を追い込み、さまざまなデータを採取する実験者=マスターマインドと、協力して実験施設からの脱出に挑む被験者=サバイバーたち。制限時間内にステージをクリアできればサバイバー側の勝利、脱出を阻止できればマスターマインド側の勝利となる。マスターマインドとサバイバー、それぞれの立ち回りによって増減する“制限時間の奪い合い”が勝敗のポイントとなる。まったく異なるプレイフィールでの対戦が新たな興奮を呼ぶ。

メーカー:カプコン
発売日: 2020/4/3
対応機種:PS4/XboxOne/Microsoft Windows
プレイヤー:1人(RESISTANCEオンライン対応2~5人)

BIOHAZARD RE:3

Copyright @ 2020 Yuri-Harunobu all rights reserved.