トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

Contender"无二撃(むにげき)"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

▼バレル

鉄塊という表現がふさわしい角張った形状のバレル。李氏は主にこの部分を相手の銃や腕にぶつけて攻撃を逸らしているが、不思議なことに素材不明のこのバレルには殆ど傷がついていないと言われる。またその左側面には大きく毛筆体で「无二撃」の文字が彫り込まれており、彼の戦闘スタイルを強く表現している。

○純正バレルにプラ材を使ってオリジナル製作した箱型カバーを被せました。後述のとおり、ネジ一本で取り外しも可能。側面の无二撃の刻印は外注でレーザー刻印してもらっています(*´ω`)仕上げは艶消し黒の塗装仕上げ。

▼サイト

前部はバレル固定式のアイアンサイト、リアは競技用のエレベーションサイト。バレル天面には乱反射防止用のセレーションが彫られている。李氏は試合中ほとんどサイトを覗くことをしないが、それでも稀に遠距離からの射撃を行う際にはこのアイアンサイトを使って正確な射撃を見せている。

○フロントサイトはバレルに合わせてプラ素材でオリジナル製作。リアサイトはベース純正品そのままです(´ー`)

▼ハンマー

セイフティ機能内蔵式のハンマー。シングルアクション機構で、ハンマーを倒さないと発砲できない。

○実銃ではこのハンマーの上部にリムファイア・センターファイアを切り替えるセレクターがあり、その中央にセレクターをセットすれば安全装置として機能するそうです。トイガンとしては……ほら、心の眼で見てごらん。だんだんホラ見えてきた見えてきたあなたにはセレクターがハッキリ見える見える見えるよーԅ(¯﹃¯ԅ) グリップ側にもハンマーを倒しやすいように形状を工夫しました(★ゝω・)b

▼グリップ

独特な形状のオリジナルグリップ。競技銃用のグリップに近いスタイルで、握りやすさと頑丈さを兼ね備えている。李氏はこのグリップエンドも使って相手の攻撃を弾くことが多々あり、グリップ部分の形状にはことさらこだわったものと思われる。

○内部のガスタンク形状に合わせた設計でプラ素材からオリジナル製作しました。デザインはご依頼主様があらかじめほぼ決められていたので、そのイメージをなるべく崩すことなく実際に握りやすい形状を目指して製作しました(`・ω・´)

▼外装分解

銃とはいえ主に格闘戦で使用されるためメンテナンスは必須。このカスタムも外装を取り外して整備・調整することができる。

○実際に各ネジ1本を外すことでバレルとグリップを取り外せるように設計・製作しました。取り外した後は完全にノーマルのターゲットに戻るので、純正パーツをつければオリジナルの状態に戻すこともできます(´∀`)

  • グリップ底部でも攻撃を弾く。ここに分解用のネジもある。
  • バレル底部の分解用ネジの穴。
  • どちらもネジ1本を外すことでメンテナンス用にここまで外装を取り外せる。

▼作者コメント

初のデジコン ターゲットベースの作品。某魔術大戦アニメの影響ですっかり知名度のあがったトンプソン・コンテンダーがモデルのガスガンです。

八極拳使いで「无二打」の伝説で有名な李書文の末裔が使うガン〇タ系格闘術用の銃ということでデザインもほぼご依頼主様のご希望イメージが固まっており、それをいかに説得力ある立体形状・設定にするかを意識して製作しました。

左側面「无二撃」の刻印は当初かなり控えめなサイズだったのですが、一応の案としてバカでかサイズのデザインを提案したところ意外にもご依頼主様が気に入られて、そのまま採用されたというちょっと面白いエピソードもありますw

2020.12.8

Copyright @ 2020 Yuri-Harunobu all rights reserved.