トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

ルガーMk1カスタム"CHAOS KEY"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

▼バレル

角張ったアンダーリブ付きのバレル。右側面には現用の軍事用レーザー以上の性能をもつレーザーサイトを装備しており、距離に合わせて自動で輝度や着弾点の誤差までも調整する。

○アンダーリブはABS素材でオリジナル製作。右面のレーザーサイトはダミーですが、ミライトを使って実際に光らせることができます(´ω`)

▼エングレービング

バレルとアッパーフレーム全面にわたって美しいヨーロピアンリーフの彫刻が施されている。この装飾によってこの銃が単なる道具としての銃ではなく、骸骨閣下の専用装備であり特別な意味を持つアイテムであるという一種の「表示」になっている。

○実際に、有名な彫刻職人井浦 勝雄さまに依頼して彫って頂いたエングレービングです(`・ω・´)
依頼人であるSasugo氏の概略と"悪の組織の親玉の銃"というテーマをお伝えして加工して頂きました。すべて手彫りで丁寧に彫られた模様は確かな存在感と特別感を感じさせてくれます。

▼サイト

大型のフロントサイトとリアサイト兼20mmレイル。リアのレイルにはダットサイトなど各種の光学機器を装着可能。

○リアはベース品そのまま。フロントサイトはベース品の一部を削って射手面だけを蛍光レッドで塗装しました。閣下の中の人(聞き流してください)が視界の悪いマスク越しでも狙いをつけやすいように目立つ色にしてあります(*´罒`*)

▼マズル&アンダーリブ

マズルカバーを取り外せばネジを切ったバレル先端にサプレッサーなどのオプション装備を装着できる。ベース銃のMk1は特に.22口径という小口径弾薬の特性上もともと発射音も小さく銃本体の構造的にも動作音が少ないためサプレッサー(減音器)との相性が非常によく、冷戦中期以降に特殊部隊や工作員が暗殺などにも使用してきた。バレル下にはアンダーリブが追加されており、この内部に後述の特殊な物質が格納されている。

○先述のとおりアンダーリブをABS素材で製作。底部の溝にはアクリル製のスペーサーを装着しており、ネジで取り外すことで後述のオプションパーツを装着できるように設計しました(´∀`)

▼オプション&モード

バレル先端にはサプレッサーやハイダーなどを装着可能。
アンダーリブ内部の錬金術によって生み出された特殊な赤い物質は、使用者であるSasugoの思念に反応して自在に形状を変え、混沌を開放する「鍵」モードや銃剣型の「カオスブレード」など、様々な状態に変化させることができる。

○アンダーリブに装着する「鍵」型と、刀のような「ブレード」は、外注製作でクリアレッドのアクリル素材を削り出してもらいました。この部分は依頼者Sasugo氏にも完成後に手渡すまで一切知らせず、最後のサプライズとして披露させて頂きました(*´ω`)いや~やっぱ透明で赤いブレードとか嫌いな人はまずいないでしょうw

▼操作系パーツ

トリガーは金色。トリガーガードは大型化されており、爪の付いたガントレットなどを装備していてもトリガーに指を掛けやすくなっている。セイフティレバーもON/OFFが確実にわかるように色分けされており、大胆に見えて慎重・確実な閣下の一面が垣間見える。

○トリガーはアクセントになるようにゴールド塗装。セイフティレバーも黒一色だったベースパーツの文字部分だけをわかりやすく赤と白で色入れしました。トリガーガードはベース品を一部カットして、ABS素材で新造した大型トリガーガードを接いで接着&継ぎ目がわからないように研磨して塗装仕上げしました。

▼グリップ

木製のグリップ。一部が切り取られ、本体フレームのステップリング部分と組み合うように加工されているなど、かなり凝った造りになっている。右グリップパネルには髑髏の鍵を現した金属製の飾りが赤い魔石と共に埋め込まれており、この部分を握り込むことでSasugo自身の魔力が薬室内の弾薬に注がれ、その威力を増減させることができる。

〇木製の市販カスタムグリップを一部加工して使用。「スカルキー」のシルバーアクセサリーを埋め込めるように彫り込んだり、ステップリングを施したグリップ前部とぴったりと噛み合うことで、どこかSFチックな雰囲気も感じさせるように設計・製作しました(・∀・)人(・∀・)

▼マガジン

シングルカラムで.22口径弾薬が10発装填可能なマガジン。本体マガジン挿入口は差し込みやすいように拡張されており、弾倉底部には専用マグバンパーも装着されている。

○挿入口の角を削り落として加工、マグバンパーはABS素材を切削してオリジナル製作しました(゚∀゚)

▼作者コメント

各種イベントやそのユニークなキャラクターで人気者のSasugo様からご依頼を頂いた本作。

閣下ご自身のビジュアルやキャラクター性がしっかりと確立されているため、それに合わせた設定とコンセプトをしっかりとまとめて、ちょっとした物語として仕立てることができました。

デザインとしても、クラシカルなフォルムなのにSF要素もあり魔術的なオカルト風味もあり~といった閣下の特徴そのままを銃に落とし込んで、なおかつ「悪の親玉の銃」「混沌を生み出す鍵」といった複数のキーワードを形として表現することができたかと思います(*´ω`)

2021.5.7

Copyright @ 2021 Yuri-Harunobu all rights reserved.