トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

殺伐銃"オウホー(応報)"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

▼スライド

鎮魂や追悼を意味するジェットブラックのカラーリング。側面に殺伐の文字が浮き出している。

○純正スライドの文字を消し、外注で殺伐を彫ってもらいました。艶消しブラック塗装仕上げ(`・ω・´)

 

▼サイト

固定式のコンバットサイト形状。

○純正パーツそのままです。

▼バレル&コンペンセイター

敵に銃口を押し当てたまま体術を使えるストライクスタイルのコンペセイターに、ショートタイプのコーンバレルの組み合わせ。ピストルカラテを行うにも最適のセットアップ。オウホーは先端のスパイク部分が溶鉄めいた赤橙色に灼熱している。

○バレルは無加工、コンペセイターは先端のみ赤橙色にグラデ風塗装仕上げです(´ー`)

▼フレーム&各種操作系パーツ

この銃もインガ同様ニンジャスレイヤー(フジキド・ケンジ)のマッポ(警察)時代?の銃の記憶イメージをもとに具現化されたため、ネオサイタマ警察制式拳銃とよく似通った形状をしている。そのためカラーリングやグリップ形状以外はほぼ現代的なコンバットピストルそのままである。

○トリガーの溝を赤橙色に塗装した以外は全て純正品そのまま未加工です(★ゝω・)b フジキド・ケンジが元々マッポだったというのは、おそらくご依頼主さまオリジナルの設定。

▼グリップ①

独特な形状のニンジャスレイヤー=グリップ。左右の面にそれぞれ"殺"と"伐"の文字が浮かび上がっており、狙われた相手はその文字を正面から見据えることになる。

○プラ素材と黒いワックスコードでフルスクラッチ製作しました。側面の文字は外注加工でレーザー彫り&白で色入れ仕上げ。前作「インガ(因果)」と同じくちょっと角張ったデザインと忍者っぽい紐の編みスタイルを取り入れつつ、側面に大きく"殺"と"伐"を配置することでサツバツナイトらしいデザインに仕上げました(`・ω・´)

▼グリップ②

側面は彼のメンポ(面頬)のように薄く角張った形状。前面と側面の黒い紐の編みは何気に滑り止め効果も高く、テッポー・ジツやピストルカラテでの使用でも銃をしっかりと握っていられる。

○ワックスコードは実際に立体的かつ硬めに編んであるため、滑り止め効果もあります。グリップパネルはこの紐で左右繋がってはいますが、取り外してメンテナンスも可能。

  • 黒い紐で綴じたようなグリップの意匠。
  • 前部にもフィンガーチャネル兼滑り止めのように紐が編まれている。
  • 文字はしっかり彫られているため、まず薄れたりしない。

▼作者コメント

ニンジャスレイヤーのパワーアップverともいえるサツバツナイトをモチーフとした今作。スタイルが決まっていたこともあって前回同様デザインではまったく苦労はしませんでした(´ω`)

また今回も「ストーリー設定」はご依頼主さまにお願いしてニンジャスレイヤーの小説風に「忍殺語」たっぷりのあの独特のスタイルで見事な文章を書いて頂きました。実際スゴイ!w

シックな黒をベースにしつつ、燃え滾る溶鉄めいた赤橙の熱い魂を垣間見せるサツバツナイトのダークな魅力を表現した1丁に仕上げられたかと思います。

2021.12.14

Copyright @ 2022 Yuri-Harunobu all rights reserved.