トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK BLACKsan  
 

→プロダクツカスタム一覧 →マルイ電動G18C・YSカスタム


東京マルイ「電動 グロック18C(18歳以上用)」をベースにしたサバゲ実戦用カスタムです。握りやすさを徹底的に追及してグリップフレームの各部を削ぎ落とし、スライドには集光フロントサイトを追加。
ピタリと手に収まり、素早く標的に狙いを合わせられる。一切の無駄を削ったプロ用のツールです。

商品名: マルイ電動G18C・YSカスタム
価格:¥12,000+送料


→オーダー(メール注文)する
(メール注文方法について詳しくは[ココ]をクリック)



※上記価格にベース銃(電動ハンドガン)は含まれません。
お持ちのG18Cをお送り頂いて、それを加工致します。
※納期は基本的にベース銃をお預かり後、約1ヶ月です。

※既に集光フロントサイトをお持ちか、
あるいは好みじゃないから不要、といった場合は
ご注文時にその不要パーツを書いて頂ければ、
そのパーツ費用分を値引きいたします。
【参考】集光Fサイト不要の場合:−¥1,960 引き

ページ上段へ戻る↑
■カスタム詳細
 
@デルタシェイプ

グリップ時、親指と人差し指付け根のあたる部分を限界まで大きく削りました。
これにより握った感触が格段に良くなり、ぴたりと手に収まるグリップ感に変化します。

表面はあえてステッピング(滑り止め)加工などは施さず、磨き上げて滑らかな表面仕上げにしています。銃をドロウする際にスムーズに指を滑らせ、素早く握りこめます。

Aトリガーガード上部・削り込み

トリガーガードの上部分をアーチ型に削り、
トリガーに指をかける際に人差し指が引っかかりにくくしています。
横から。なんとなく三角形な印象なので、「デルタシェイプ」と名付けました。
右面。背面からテール部分にかけても削ってあるので、よりハイグリップで握りやすくなっています。
トリガーガード上部のアーチ状加工。グローブ装着状態でもトリガーに指を掛けやすくなります。
 

Bトリガーガード付け根・削り込み
付け根も2段階に削って握りやすく加工しています。

2段部分は特に握った右手中指でそのままマガジンキャッチボタンを押す(→スピードリロード)時に操作が格段に楽になります。

C結利カスタムのロゴ
フレーム右面のトリガーの上あたりにYuri Custom Worksのロゴマークを焼印で焼き入れます。


D集光フロントサイト
フロントサイトをフリーダムアート製集光フロントサイトに交換します。

カラーはグリーン・レッド・イエローの3種類があるので、注文時にご指定ください。

トリガーガード付け根の2段削り込み。サポートハンドも添えやすくなります。   フレーム右面の結利カスタムロゴ。   集光フロントサイト。(グリーン)(レッド)(イエロー)の3色からお選び頂けます。  
 

Eマガジンキャッチ周囲・削り込み
マガジンキャッチボタンの周囲を楕円形に削ります。
結果的にボタンの突出部分が増えるので、楽に押し込めるようになります。

Fグリップ滑り止め
グリップに「滑り止めのドット状ステッピング」を焼きごてで追加加工。
グリップを握った際に指先で押さえる最低限の範囲をザラザラの滑り止め仕上げに加工することで、指をしっかりと固定して射撃時の安定性ホールド感が増します。


Gマガジン挿入口・拡張
マガジン挿入口をテーパー処理(角を斜めに削り落とし)します。
弾倉装填時にマガジンがよりスムーズに挿入できるようになります。

マガジンキャッチボタン周囲の削り込み。素早くマガジンチェンジしたい時、これが案外重要。
滑り止めドット。孔状の窪みですが、孔の周囲が溶けて盛り上がっているので指にしっかりと引っかかります。
マガジン挿入口の角を斜めに削り落としてあります。
ページ上段へ戻る↑

▼作者コメント

Yuri Custom Worksの「受注生産カスタム」第2弾です。

基本的な内容は
G17-YSカスタムと同じ。スライドストップやマグウェルなど、電動G18Cでは使用しない部分はオミットしてあります。

電動ハンドガンはグリップ内に発射メカボックスが内蔵されているので元々グリップが太く、したがってガスブローバック版のグロックよりは少し太めの握り心地ですが、それでもこのカスタムを施すことで、格段に操作しやすくなります。

一見ノーマルグロックに見えて、よく見るとホルスターから露出するグリップ部分がスリムに削られているので、見た目にも明らかな差がつけられます。
また、マガジンにはぜひ別売りの
電動G18C用マグプレートを装着して「完全タクティカル仕様」でお使いください(´∀`)w


2015.4.13

→オーダー(メール注文)する
(メール注文方法について詳しくは[ココ]をクリック)
Copyright @ 2008-2017 Yuri-Harunobu all rights reserved.
ページ上段へ戻る↑