トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK  
 

→プロダクツカスタム一覧 →マルイ グロック26アドバンス”G26-CQS” →コラボ写真&ストーリー

■コラボ写真&ストーリー

モデル:八夢さん
撮影:
舞装乙女ぶんぶん丸氏
episode talker (エピソードトーカー):
モロキー氏

“ソレ”らの気配で「八」が目覚める…。

枕元に忍ばせた相棒に手を伸ばす。

これはいつもの…。

ベランダに3、いや4体か
姿は見えないが“オトメ”の素質が確かに捉える。

フロントサイトのない、銃の側面に集光サイトがつけられた“トクベツ”製接近戦カスタムの銃。

その青い目(サイト)越しに奴らが...?




ーちっー


舌打ちに透かさず眼鏡を掛けると、
飛びかかってくる“ソレ”らに弾丸を浴びせる。

空に飛び交う“ソレ”に弾丸を叩き込む。
私の弾丸は…容赦はしない。

ーまだ居るのか、しつこい奴らー

銃に装填された弾が全て吐き出される。
腹が減った、とでも言いたげにスライドが止まる。


ーさあて相棒、もうひと暴れしようかー

枕の下に隠していた弾倉を叩き込む。
スライドストップを引き下げる。

銃声の旋律を奏で、引き金を引く、悲鳴の歌が聴こえてくる。
やがて奴らは動かなくなった。

足下に転がる薬莢を蹴り散らすとカーテンを開けて外を伺う。
さっきまでのバタバタなんてなかったかのような、いつもの平凡な朝。
学生やサラリーマンがいつものように学校や会社に向かっていく。

朝から暴れる羽目になったのは私だけか。

寝床に散らばる薬莢を払いのけ眼鏡を外す。
さあてもうひと寝入りだ。

八夢、あんたは知らなくていい。良い夢を見るがいい。

そう呟くと「八」は寝床に身体を横たえた。




〜戦場に日常を、悲劇を喜劇に〜

作品メインページへ PRODUCTS CUSTOM メニューへ戻る→
Copyright @ 2008-2019 Yuri-Harunobu all rights reserved.