トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK BLACKsan  
 

→PRIVATEカスタムシリーズ →ガンブレード“リボルバー”概要 →ストーリー設定 →各カスタムポイント

GUN BLADE "Revolver"

ゲーム「ファイナルファンタジー[」に登場する主人公スコールの武器
ガンブレード(リボルバー)を
個人的趣味でイメージ再現、
武器工房ギルガメッシュの山本氏とコラボ製作
してみた試作カスタムです。

製作:2010年1〜11月
 
▼ガンブレード"リボルバー"とは
(モチーフ・概要)


ゲームFF8にて主人公が初期
(ムービーでは最終まで)装備している、大型の剣に銃の機構メカニズムを組み込んだ特異な形状の武器。
設定ではどうやら銃としての銃撃機能はないらしく、なんでも「敵を切りつける瞬間にトリガーを引き、引いたときの振動により斬撃の威力を増大させることができる」という、なんとも怪しい魅力にあふれたファンタジー武器です。

作中では、扱いが難しく、既に廃れつつある武器とされており、使いこなすには相当な技量を要する模様。
物語の約20年前の人物であるラグナが映画の撮影で使う際、「ガンブレードは軍隊の研修でしか使ったことがない」と語るシーンがありますが、…ということはそれ以前は実用武器としてガルバディア共和国で採用されていた時期もあったのかもしれません。

スコールの生きる時代にこの武器がどのくらい流通していたのか、はたまたその詳しい機能や歴史までもがほとんど謎に包まれたモノですが、
数年前にご縁あってお付き合いさせて頂いている“剣”を中心に製作活動をされている
武器工房ギルガメッシュさまと「コラボ製作」というこで製作してみました。(まさに剣と銃の合作!これ以上こういった機会にうってつけの武器もないでしょうねw)
 

初代PS機のFF作品でありながら、ムービーやイメージ画像は綺麗でリアルなCGで表現されています。当時はあの綺麗さも斬新だったなあ^^

 
   

銃部分はかなりの時間をかけて検討した結果、どうやら現状手に入るトイガンではS&Wのリボルバーが一番ベースによさげということで、クラウンのエアリボルバーを流用して改造することになりました。
(今回は敢えて、あの弾丸とシリンダーのありえない大きさは無視しました)

しかしグリップ部分の形状は特殊すぎるし、ブレードをつけた際の加重バランスや強度などもあって、製作はかなり難航;
作風とか製作方法の違う私に合わせてくださって、G工房さんにも大変苦労をおかけしました(;´Д`)

製作決定から製作期間約一年。(!!)
完成した作品と設定、詳細は次ページ以降。

 
当時ガ○トとかTE○Uとか色々言われた美形主人公。一見クールながら、多感な若者らしく物語と共に成長していく姿は未だに人気の理由のひとつ。  

劇中のオープニング画像より。きちんと専用ケースに収まったガンブレード。やっぱ弾丸デカイよねー!ねー!

 
設定ストーリーのページへ→
 

▼ゲーム:ファイナルファンタジー8

大人気RPGシリーズ「ファイナルファンタジー」の8作目。プレイステーションのもつ能力を限界まで使い、風になびく髪の毛や服の質感、そして表情までもリアルに表現し、映画のようなムービーが楽しめる作品。前作よりもリアリティが追求され、キャラクターを8等身で表現。より人間的な描写を行い、まったく違和感のないタッチを作り上げている。 (中略) ゲームシステムにはやや複雑で難解な部分もあるが、愛をテーマに繰り広げられる壮大なストーリーと、RPGという枠を超えた演出で、人を魅了し感動させるゲームといえる。(秋月昭彦)
 〜Amazon.co.jp 説明より
実は私が初めてプレイしたFF作品です。賛否両論あるこの「8」ですが、初ということで先入観なく入って行けたせいか、私は大好き^^いろんな深い要素の詰ったシナリオで、何よりキャラが立ってて音楽も印象的!物語の場面場面がいまだに心に残る秀作だと思います。特に前半、主人公とサイファーのライバル戦はけっこう燃えますよねw

対応機種:プレイステーション
プレイヤー:一人

 

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVIII

Copyright @ 2008-2017 Yuri-Harunobu all rights reserved.