トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK BLACKsan  
 

→PRIVATEカスタムシリーズ →.44マグナム“シルバーサーペント”概要 →ストーリー設定 →各カスタムポイント

.44Magnum"SILVER SERPENT"

ゲーム「バイオハザード」に登場するS.T.A.R.S.隊員、バリー・バートン
専用カスタムリボルバー“シルバーサーペント”を、
個人的趣味で
イメージ再現
してみた試作カスタム。

完成:2014年9月
 
▼.44Magnum "SILVER SERPENT"とは
(モチーフ・概要)


ゲーム「バイオハザード」シリーズに登場するラクーン市警特殊部隊S.T.A.R.S.。
そのαチームで銃火器の補充と整備を担当していたのがバリー・バートン(洋館事件当時、38歳)という髭のおじさんです。元SWAT隊員というキャリアを持つ経験豊かな古強者で、その実力をかわれてαチームのバックアップマン(突入時、先頭のポイントマンを援護する攻撃性の高いポジション)として活躍していました。

『バイオハザード2』のS.T.A.R.S.オフィスにある机を見ても分かるように、かなりのガン・兵器マニアであったようで、やたらと威力の高い火炎放射器やらロケットランチャーやらを私物として持ち込むちょっとアブナイ面も。
とはいえ人物としては情に厚く妻と娘二人を大切にする家族思いのお父さんでもあり、仲間の窮地には自らの危険もいとわず駆けつけてくれる、頼りになるおやっさん。

そんなバリー氏お気に入りのマグナムリボルバーが、この“シルバーサーペント”です。

初代バイオ(リメイク版)で『.44口径マグナム仕様の非常に威力の高い拳銃』として登場。「5」のミニゲームや「ザ・マーセナリーズ 3D」でもプレイヤーキャラクターとして登場するバリーと共に、固有武器として登場しています。
 
「5」のミニゲーム“マーセナリーズ”でプレイキャラクターとして久々に登場してくれたおやっさん。銃の細かなデザインは初作リメイク版での仕様とはちょっと違ってます。
 
   

デザイン上の特徴は、肉厚で直径の太いブルバレルと、その下に取り付けられたアンダーウェイト。更にシリンダーはノンフルート(凹み溝のない円柱)で、グリップも少し延長&プレート状のグリップボトムが取り付けられ、フィンガーチャネル付きの木製グリップが装着されています。

パッと見はかなりシンプルな銃に見えますが、実はけっこう手の込んだ高級カスタムリボルバー。

製作期間はなんだかんだで2ヶ月半。
完成した作品と設定、詳細は次ページにて。

 
.44マグナム弾でドアノブをぶち抜くガンマニア。…言われなくたって全力で下がります!  

ぶっとい銃身にアンダーウェイトというスタイルは、かなり「PPCカスタム」に近いですね。

 
設定ストーリーのページへ→
 

▼ゲーム:バイオハザード HDリマスター(PS3)

そこを歩く、と言う恐怖。再び シリーズ累計販売本数6,100万本を超えるサバイバルホラーの代名詞『バイオハザード』シリーズ。 傑作の呼び声高い、第1作『バイオハザード』リメイク版が待望のHD化。今、圧倒的な恐怖が甦る。 原作の持ち味を損なうことなく、グラフィックやサウンドを高品質化し、インターフェイスなどを現代のプレイ環境に向けて最適化。 リアルタイムで体験したプレイヤーにとっては、想い出以上に。 また、初めて触れるプレイヤーには、シリーズ史上最恐の体験をお届けする。 原作での"圧倒的な恐怖"はそのままに、より精細に、かつ臨場感の増した『biohazard HD REMASTER』。 傑作 (マスターピース) は、決して色褪せない。〜Amazon商品概要より
全てのバイオシリーズの原点、一作目「バイオハザード」のリメイク版です。元々ニンテンドー・ゲームキューブで発表され、長らくそのプラットフォームでしかプレイすることができなかった本作ですが、ようやくPS3や次世代機に移植されます。あの洋館事件でのS.T.A.R.S.隊員達の死闘を、ハイクオリティな画質で追体験できる!

対応機種:プレイステーション3(XBOX360、PS4、PC版もあり ※右のリンクはPS3版です

プレイヤー:一人

バイオハザード HDリマスター ((初回特典)『バイオハザード HDリマスター』特別映像ダウンロードコード 同梱)

Copyright @ 2008-2017 Yuri-Harunobu all rights reserved.