トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK BLACKsan  
  →和拵えシリーズ →グロック G26ADカスタム “蒼龍太刀拵え” →各カスタムポイント
Glock26AD custom "蒼龍太刀拵え"

マルイの「グロック26アドバンス」をベースに、“和の武器・日本刀”といったイメージで実験的にカスタムした和風オリジナルドレスアップカスタムです。

※2007年 ライラクス協賛・キッズランド日本橋店 “カスタムハンドガンコンペ”最優秀賞受賞
東京マルイ・ガスブローバック
 

▼CONCEPT(デザインテーマ)

現代オート拳銃の代表として名高いグロックシリーズの中でも最もコンパクトなG26。

そのショート・ブローバックの連射性と、ロングバレルによる命中精度、フレーム&グリップ大型化による装弾数アップなど、タクティカルガンとしての理想的な内容を併せ持った「G26AD」を、“龍飾りの太刀”に見立ててアレンジしてみた。

実戦本位のコンセプトを持つG26ADに、敢えて現実とかけ離れた彩度の高い装飾と、ダミーながら「刃物」という近接戦闘武器を組み合わせる。外装カスタムの可能性は無限だ(笑)

そのミスマッチさ、まず他には無いオリジナリティと印象深さこそが狙い。
今だから書くが、最初から「コンペ出品作」ということを意識したデザインだった。
今でこそこれ以上に派手で“あり得ない”カスタムを製作してるが、2年前のあの時は、確かに斬新なデザインだったのだ。

 

スライドはシルバー地に側面のみ鮮やかな青。その上には悠々と空を舞う龍の蒔絵を施してある。

延長フレーム下のレール部分には刀の切っ先をイメージしたブレードを装備。この部分はあまり派手にし過ぎず、フレームとの一体感を意識した。

グリップには特徴的な「柄拵え」のアレンジ。若干グリップは太目になっているが、意外に握り心地は良い。白地に黒い綿紐のオーソドックスなカラーリングだが、中央の飾り金具はスライドと合わせた龍のメタルパーツを配している。

G26AD独特のソリッド感のある形と、鮮やかな蒼の龍模様、和の拵えを組み合わせて、狙い通り(当時としては)一度見たら忘れられないインパクトのある作品に仕上がった。

 
各部カスタムポイントのページへ→
 

▼ベース:東京マルイ社製グロック26ADVACEモデル

実銃はグロック社が開発したダブルアクションオンリーの現代的自動拳銃。フレームにプラスチックを使用した画期的な銃で、9mmパラベラム弾を使用。このG26はグロックシリーズの中でも特に小型で携帯性に優れ、コンシールドキャリー(隠し持つ)銃、またはメイン拳銃と一緒に携帯するバックアップガンとしてよく使用されています。
このグロック26を、性能・品質共に信頼性抜群の東京マルイがモデルアップ&アレンジカスタム。小型オートの素早くキレの良いアクションと、ロングバレル化による性能アップ、延長グリップによる装弾数増加など、より実戦的なモデルです。なにより特徴的なのは、その(クセのあるw)近未来的な外観。このスタイルは好みが分かれるところではありますが、先に述べた実戦機能は確かなものなので、通常モデルよりさらにゲーム向きの優秀なトイガンだと思います。

全長:212o 重量:653g 装弾数:25+1発

No14 グロック26 アドヴァンス (18歳以上ガスブローバックガン)

Copyright @ 2008-2017 Yuri-Harunobu all rights reserved.