トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

COLT-S.A.A 5-1/2"Blood Maker"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

※今作品は月刊アームズマガジン2021年10月号掲載記事「空想銃カスタム指南 YURI CUSTOM WORKSHOP 2nd SEASON」にて製作過程について詳しく解説しています。

▼バレル

アーティラリー(砲兵)サイズのバレル。鮮やかな赤い金属色で特徴的な曲線模様が浮き出している。当時の技術でどうやってこれを製造したのかは一切不明。 ○エレガントカットシールを貼り、クリアレッド+ジルコニアコーティングで仕上げました。内部のインナーバレルは先端を黒染めしているので銃口を覗いても目立ちません。

▼サイト

形状はごく一般的なSAAのサイト。本体と同じく鮮やかな赤い金属色。 ○色以外は純正パーツそのままです(*´ω`)

▼フレーム

バレルと同じく鮮やかな赤い金属色のフレーム。こちらにも各部に装飾が施されている。

○バレルと同じく各部にエレガントカットシールを貼り、クリアレッド+ジルコニアコーティングで仕上げ。詳しくはアームズマガジン2021年10月号で!(´∀`)

▼シリンダー

同じく鮮やかな赤い金属色のシリンダー。このシリンダーは後にまた別の伝説を作っていくこととなる。

○エレガントカットシールを貼り、クリアレッド+ジルコニアコーティングで仕上げ。タナカのリボルバーはこの中にガスタンクが内蔵されています。装弾数は6発のみ!ヘ(゚Д゚ヘ)

▼グリップ

黒いグリップ。これは後年になって新たに付け直したものと思われる。滑り止めなのかテープ状の黒い革が巻かれている。

○純正グリップに黒い牛革テープを巻きました。色味と予算の都合で黒いグリップのまま使ったけど、木グリに変えるべきだったか…(`・ω・´;)

▼作者コメント

月刊アームズマガジンの拙記事用に製作した8作目です。

今回は珍しくSAAベース、カスタム内容もシンプルなカラーリング変更と装飾のみでした。

インスピレーションの元はかつてのPS2のゲームタイトル「レッド・デッド・リボルバー」という名前。コレ名前聞いただけだったら絶対赤いリボルバー出てくるって思っちゃうでしょ?w(出ません)

ずっとそんな構想は温めていたのですが、今回作例として、その存在しない赤いリボルバーのイメージを膨らませて製作してみました。けっこうインパクトあるものに仕上がったかと思います(´∀`)

 

2021.8.25

▼雑誌:月刊アームズマガジン2021年10月号

アームズマガジン10月号は、400号記念! 超特大号! !
次号アームズマガジンは、通巻400号を記念した超特大号! ご愛読に感謝の気持ちを込めて、大増量のダブル特集&ダブル付録でお届けします。 アームズマガジンの歴史を詰め込んだ永久保存版です!

【カバーガール】鬼頭明里
【2大超特集!】
特集1 アサルトライフルの現在と将来 特集2 密着、陸上自衛隊戦闘訓練
【2大超付録!】
付録1 大ボリュームの別冊がまるごと付録に!「エアガン完全ガイド」 付録2 鬼頭明里 大判両面ポスター

発売日: 2021/8/27

月刊アームズマガジン2021年10月号

Copyright @ 2021 Yuri-Harunobu all rights reserved.