トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

M1911A1 "Hunk-Custom"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

▼スライド

カスタムスライド。ブローニング風のクラシカルなスタイルで、前部が一段シェイプされている。これは装弾不良などの緊急時に、グローブをはめた手でも「段」に指を掛けて引くだけで比較的楽にスライドを強制復帰できるハンクなりの工夫。
左側面には「M1911A1 Hunk-Custom」の刻印、右面にはアンブレラ社製を示す刻印とロゴマークが確認できる。

○ベースの純正スライドを削り込んでブローニング風に仕上げました。この部分は、たとえクラシカルでも質実剛健なスタイルを好みそうな(私の考える)ハンクっぽさを表現できたと思います^^
刻印表記はご依頼主さまの要望で、ハンク自身の名前とアンブレラ社のサインを手彫りで彫り入れました。全体の塗装はキャロムのブラックスチールで、塗装後に軽く研磨して薄いヘアライン風に仕上げています。

▼サイト

大型の白ドット式サイト。フロントはスライド一体型のカスタム。リアはノバック型パーツに交換されている。 ○純正ガバのカスタムではもはや「基本」のサイト大型化。F/Rのどちらもプラ材でオリジナル製作しました。リアはイモネジで取り外しもできます。

▼バレル

延長・スクリュー加工されたカスタムバレル。14mm逆ネジで、サプレッサー(減音器)を装着可能。ハンクは特にショートサイズの軽量サプレッサーを愛用する。 ○元々ご依頼主さまが手を加えて、市販のスクリュージョイントとサプレッサーを取り付けられてました。(おそらくPDI製アタッチメント?)サプレッサーはKM企画社製の「30フェザーウェイトサイレンサー 65」のようです。このサイズがハンクの好み…というのは作者の勝手な想像です。(!)だって取り回し易くてハンドガンには最適ですし。

▼トリガー

プル調整可能なシューターズトリガーに交換。 ○ご依頼主さまが取り付けられていました。

▼スライドストップレバー

大型のロングタイプ。 ○同上。ライラクス製のロングワイドタイプだそうです^^

▼ベルトクリップ

本来は「ホルスター無しでベルトに銃を挟んで携帯するためのパーツ」だが、ハンクはこれをホルスター収納時の固定用パーツとして使用している。また、ハンドガンから一時的にメインウェポンへスイッチする場合に、ベルト等にとりあえず引っ掛けて保持するという使用方法もある。 ○これも元々取り付けられていました。ホルスター云々というのは作者の勝手な想像設定です(笑)

▼フレーム

下部に(本来上部に付ける)マウントパーツを増設し、フラッシュライトとレーザーサイトを同時に装備している。無骨さを極めたような外観だが、これも当時のハンクなりの工夫と実戦経験から得られた形であり、同時に今だ進化を続ける彼の戦闘技術の表れでもある。

○ご依頼主さまが元々加工されていたオリジナルカスタム。この部分には私は一切手を加えていません。
この「トップマウントを上下逆にして取り付ける」アイデアは面白いですねw 一見すると大げさすぎるほどの重装備ですが、しかしまだ光学機器も今ほど小型化していなかった90年代の設定であれば、逆にリアリティすら感じます。バッテリーを入れれば実際に点灯可能なライト(メーカー不明)に、ハートフォード社製レーザーサイト(テールプッシュスイッチ式)を取り付けてあります。

▼グリップ

オリジナルグリップ。上部のみチェッカリングを削ってスムース加工されている。これにより握った際の親指のすべりが良く、操作系パーツへのアクセスがより素早く行える。側面にはU.S.S.の刻印とアンブレラロゴ。前部はグローブ越しでも握りやすい一段のみのラバー製フィンガーチャネルが装着されている。

○ベースの純正グリップパネルを、ひたすら削って磨いてスムース加工しました。U.S.S.及びロゴを手彫り加工。フィンガーチャネルも樹脂粘土を使ってオリジナル製作・艶消し黒塗装しています。
この「一段のみ」という部分はご依頼主さまのご希望でした。このカスタムでは装着したレーザーサイトがグリップに向かって突き出している為に、普通の二段フィンガーチャネルではゴツゴツしすぎて指が当たるかもしれない事も考えると、実際に理にかなっている気がします。

▼メインスプリングハウジング

ストレートタイプに交換されている。 ○ご依頼主さまがマルイ純正のMEU用ハウジングに交換されていました。

▼グリップセーフティ&サムセイフティ&ハンマー

この部分はオリジナルのまま。当時は交換の必要性が無かったのか、あるいは現在は既にカスタムされているかもしれない。 ○マルイ純正のベースのままです。

▼マガジン

多弾倉型マガジン。ハンクはこれを複数携帯している。 ○ご依頼主さまのカスタム。市販品で、ダミー(装弾数は増えず)のロング型バンパーパーツだそうです^^

▼作者コメント

バイオでレギュラーキャラでないにも関わらずけっこう人気の高い「ハンク」をモチーフにしたオーダーカスタム作品です。

今回はスライドとグリップのみのカスタムで、その他は全てご依頼主さまのオリジナルという過去に例のない形での製作でしたが、ご依頼主さまのご希望と私なりのハンクのキャライメージを銃に反映させながらデザインと設定を作り上げました。

銃の半分は一切ノータッチという形での製作でしたが、フレーム下段のイカツい印象的な造形は、おそらく私のカスタムスタイルだけではまず作り得なかったと思います。(←もっと小ぢんまりまとめてしまう 笑)

設定は、それこそほとんどが「後付け」で描いたものですが、不思議とそれぞれのパーツがハンクらしく見えてきて、そういう意味でもなんとも面白い作品になりましたw

2009.11.30

Copyright @ 2022 Yuri-Harunobu all rights reserved.