トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK    
 

→オーダー製作品 →M19 6in "DEATHSCYTHE" →ストーリー設定 →各カスタムポイント

S&W M19 6inカスタム "DEATHSCYTHE"
〜各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。
■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。
 

▼バレル

.357口径、7インチサイズのロングバレル。角型四角形のボリュームのある形状で、先端には発射ガスを効率よく逃がして発射反動を抑制する「マズルブレーキ」が備えられている。側面には赤い溝状のラインと『DEATHSCYTHE』(死神の大鎌)の銘、そして鎌が交差したロゴマークが彫り込まれている。

○ABS素材でオリジナル製作。PPC風のバレルウェイトを兼ねたような大型スクエアバレルにしました。側面には銘&ロゴの刻印をレーザー刻印(外注加工)。ラインの溝もレーザー彫りしてもらった後、メタリックレッドで色入れしました。黒地に赤のカラーリングは、やはりU.S.S.のようにヒール(悪役)やダ−ティヒーローっぽい雰囲気を感じさせてくれてカッコイイです(´ー`)

バレル外観。ごつくマッシブなフォルム。
マズルブレーキ。先端に大きなスリットを設けることで発射時の燃焼ガスが逃げ、反動が抑えられる。
 

大口径の銃口。正面は一段落として、立体的に仕上げられている。

 

▼アンダーレイル&カーブセレーション

バレルの底面には各種オプション装備(レーザーサイト、フラッシュライト等)を装着するための20mmレイルが装備されている。
また、その後方にはカーブ形状のセレーションパーツが装着されており、このカーブが大鎌の刃のラインを連想させることから銘の「DEATHSCYTHE」が名付けられたようだ。この部分は実際にはナイフの峰側セレーションのように近接戦で相手に押し当てて取り押さえたり、射撃時に遮蔽物に食い込ませて銃をしっかりと固定し、精密射撃を行うといった使い方をする。

○レイルはライラクス製のミドルレイルを使用
。セレーションパーツはABS板を加工して製作しました。

バレルの銘刻印と大鎌のロゴ。   アンダーレイル。金属製なので頑丈です。   カーブセレーション。バレル付け根下のスリットに差し込み、ネジ止めしてある。  
 

▼サイト

ベースM19の前後サイトをそのまま使用。フロントはレッドランプ型で視認しやすい。アンブレラの開発時点では、この部分には特に手を入れる必要はないと判断されたらしい。

未加工、ベースの純正パーツそのままです。

赤ブロックが取り付けられたフロントサイト。色が目立つので瞬間的に標的に合わせられる。   フロントサイトの下も一段高くなっている。   上下左右に調節可能なアジャスタブルリアサイト。  
 

▼トリガー

専用カスタムトリガー。
メタリックレッドに着色されたトリガーで、側面のスクリューを締め付けることでトリガー固さと後退距離を調整できる。
このトリガー調節機構はアンブレラ独自に開発されていたようで、詳しい設計図が残されていた。

○純正トリガーに穴あけ加工後、六角ネジを埋め込んで製作しました。もちろんトリガーとしては機能しますが、調節機能はなく、ネジ部分は飾り(ダミー)です。メタリックレッド塗装仕上げ。

フレーム外観。ハンマーやシリンダー、サムピースなどもノーマルのまま。   シリンダーを展開すると6発の.357マグナム弾。   赤いカスタムトリガー。  
 

▼グリップ

S&Wのフィンガーチャネル付きラバーグリップ。
敢えてオリジナルの専用グリップではなく、メーカー純正でも、必要十分な耐久性と機能性を持つこのグリップが妥当であると判断されたようだ。
細身でしっかりと握りこめる形状・ラバー素材のショック吸収特性が、マグナム弾発射時の振動を抑え、命中精度向上に貢献している。

○当初はオリジナルグリップも製作する案もありましたが、ご予算の都合もあってパーツ交換だけということになりました。ご希望が「フィンガーチャネル付きで力強いフォルムのグリップ」とのことでしたので、S&W M19 マルイ純正6インチ用ウッド調グリップ→4インチ用ラバーグリップに交換しました。加工は無し。

グリップ外観。立体的で力強さを感じさせる形状。マルイ純正M19の4インチモデル用グリップです。   背面からのフォルム。中間部あたりが膨らんでいて、これが握りやすさに貢献しています。   表面はスムースと、エイ革のようなテクスチャパターンでメリハリがつけてあります。  
 

▼作者コメント

今作は設定は完全にお任せで、外観形状のご希望のみのご依頼でした。

デザインは流石にこれまでの作例のカッコイイ要素を終結したような内容だけあって、純粋にかっこいいです(´ω`)w

設定は好きにやらせて頂きましたが、アンブレラの過去とBSAAの現在を絡めて面白いエピソードにできたように思います。

なお裏設定では、バリーがクリスに贈った「パワーオブジャスティス」を射撃場で見かけたウェ○カー隊長が(あれイカス!)って裏でニヤニヤ笑いつつ、自分用の形にさせるべくアンブレラ本社にレポート提出した…、ということになってます。


2015.10.30

 
←設定STORYのページへ ORDER CUSTOM メニューへ戻る→
 
Copyright @ 2008-2018 Yuri-Harunobu all rights reserved.