トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

サムライエッジCUSTOM "真・SAMURAI EDGE"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

▼スライド

通常銃器を遥かに超えた発射衝撃に耐える青鋼(あおはがね)製。対魔効果があるとされる「天駆ける雲」の蒔絵が施してある。 ○ベースのサムライエッジスライドを下地処理後、キャロムのメタルブルー塗装。ブルーイング風の渋い青鉄の色に仕上げました。蒔絵はシール貼り、側面には「真」の文字を彫り入れて銀で着色してあります。特にこの部分はお気に入りです。

▼バレル

まさに刀の「刃」のイメージの鏡面仕上げバレル。銃上部に一筋のハイライトとなって銃全体に精悍な雰囲気を加えている。 ○マルイM9ステンレスシルバーのメッキ仕上げアウターに交換。擦れとメッキのくすみを防ぐ為、キャロムジルコニアでコーティング。

▼サイト

3ドットタイプのサイトで、フロントには切り出された金がインサートされている。またリアサイトは「野獏型」、ドットは銀の着色。 ○ベースのフロントサイトに穴を開けて金ビーズを埋め込み。リアはサムライエッジ付属のノバック型に銀でドット着色しています。

▼セイフティレバー他黒パーツ

各パーツ類とも石目乾漆(いしめかんしつ) 風の仕上げ。
※石目乾漆とは、漆(うるし)の塗面に乾漆粉などを蒔いたときに生じるちりめん状のしわや斑点を生かした技法。
細かい石畳(いしだたみ)の様に見えるところからこの名前で呼ばれ、日本刀の鞘の仕上げなどにもよく見られる。 ○黒塗装してから粗め粒子でトップコート仕上げすることで、上記の質感を表現しました。

▼ハンマー

ハンマーは側面のみ磨き込まれた仕上げ。磨きの金属質感と黒染めのコントラストは和の空気を感じさせる。 ○側面を実際に研磨して下地を出し、全体にキャロムジルコニアでコーティングしました。スケルトンではなくノーマルハンマーのこの形は、こうして見るとけっこう「和」に見えます。

▼トリガー

ヘアライン仕上げの銀トリガー。 ○ハンマーと同じように全体に研磨で下地を出してコーティングしています。仕上げの時点でちょっとくすみも見えたので、これはメッキトリガーにしてもよかったかも。唯一ちょっびっと反省点です;

▼強化フレームカバー

呪術弾薬による脅威的な発射の衝撃から本体を守るため、フレーム下部を強化。
また、側面には外部からの思念干渉による誤動作を防ぐ為、念干渉を防ぐとされる波浪模様を施している。

○プラ素材削り出しで製作しました。模様は全て彫り込み、マットブラックとステンレスシルバーで塗り分け塗装。更に模様部分には黒で色入れしています。和の模様をオリジナルで本格的に彫ったのは初めてでしたが、中々上手く行きました。今後は模様のバリエーションも増やしていきます。

マウントパーツは雲模様に同化するよう処理した側面4箇所の六角ネジ(イモネジ)で固定。小型六角レンチで外せばノーマル状態となり、通常分解も行えます。

▼グリップ

一般公儀職の持つ黒綿糸の拵えではなく、特殊な茶の柄糸拵え。ブルーのスライドとのコンビネーションで全体に趣きのあるコントラストになっている。また中央には「星組」の紋を象った柄飾りが埋め込まれている。 ○茶の平紐を日本刀の柄糸巻きにしています。下地には黒のサメ革風の合皮を貼り、ネジは磨きこんだあとコーティング仕上げ。

▼マグ&グリップバンパー

マグバンパー側面に念耐性の風浪模様。グリップの下部にも同じ模様仕上げの銀金具が用いられている。 ○マグバンパーはプラ材でオリジナル製作。模様を彫り込みキャロムシルバー塗装後に黒で色を入れています。マガジンは模様を彫り込んで銀で色を入れ、同じくコーティング。

▼作者コメント

BIO作品でありながら和風でSF設定という超ハイブリッドな作品ですw

BIOのサムライエッジという象徴的なモデルのイメージは残しつつ、渋くインパクトある和風の「サムライ」らしさを意識して製作しました。
上の説明を見てもらえばわかるように地味ながらも各部かなり凝った仕上げにしているのですが、やっぱり渋すぎる作品はあまり一般ウケされないようで、ヤフオク発表後何度も「流れ」た涙の歴史を持っています;
最後にもう諦めてバラして他作品に利用しようと考えていたところ、この良さをわかってくださる知り合いの方が拾ってくださいました。しかもその方がこの上なくBIO作品にふさわしい人で二重の喜び

狙った和の魅力とBIOな空気をしっかり出せて、作者としても非常に気に入っている作品です。

2008.12.12

Copyright @ 2022 Yuri-Harunobu all rights reserved.