トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。
TOP WORKS PRODUCTS ORDER PROFILE LINK    
 

→オーダー製作品 →M9A1"ジャスティティア" →ストーリー設定 →各カスタムポイント

M9A1"Justitia"
〜各部カスタムポイント

■この文字色は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。
■この文字色は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。
 

▼スライド

白色に仕上げられた専用スライド。
本来ラテン語の祈りの文句が刻印されているが、邪念によって変質してしまっており、所々で鏡文字や逆綴りになっている。

○純正スライドの刻印を消して刻印を彫り直しました。
外注加工で側面に文字をレーザー刻印してもらい、白塗装後に青で色入れしました。実際にラテン語の聖句を逆綴りにしたり文字を反転させて彫り込んでいます(´ω`)ノ

スライドに刻まれたラテン語の祈りの言葉。しかし所々鏡文字になってしまっている。
スライド上面の刻印。綴りが逆。
 

左右側面のロッキングブロック付近はブリガディアのような鋭い形状に変化している。

 

▼バレル

青い特殊コーティングを施されたバレル。コーティングには古代の十字架等を砕いた金属粉が使用されており、魔を退ける効果があるとされる。
○純正バレルをメタリックブルーに塗装し、ジルコニアコーティングで仕上げました。


▼サイト

M9A1純正の前後サイト。
○ノーマルパーツそのままです。

青くコーティングされたバレル。   口径は9mm、パラベラム弾を使用。   サイトは前後ともノーマルで素早い照準が可能な3ドットタイプ。  
 

▼フレーム

ステンレス製のレイル付きフレーム
レイル部分とトリガーガード周辺にラテン語で護りの文句が刻まれている。しかしやはりトリガーガードの刻印は文字が変質しつつある。

○純正フレームの刻印を消してレーザー刻印で彫り直し&塗装&青で色入れ仕上げしました。

びっしりと文字が刻印されたシルバーのフレーム。

  レイル部分にも祈りの文字。この部分だけは変化せずに残っている。   トリガーガードの「アーメン」の刻印、だがよく見るとNの文字が反転している。  
 

▼各操作系パーツ

バレルと同じく青い特殊コーティング仕上げ。魔の干渉を受けずに確実に動作するとされている。

○純正パーツをメタリックブルーに塗装仕上げ&ジルコニアコーティングしました。

青いトリガーを中心とした操作系パーツ。   マガジンキャッチボタンは白。シルバーフレームに白の組み合わせが爽やか(´ー`)   ハンマーも青。  
 

▼グリップ

ホワイトパールのグリップパネルに青い十字架飾りが取り付けられている。マガジンは特注品の白いボトムマガジンで、本部で祝福を受けた9mmパラベラム弾を15発装填可能。
しかし十字架は上下が逆になっており、悪魔の象徴「逆十字架」の配置になってしまっている。

○キャロムショット製のホワイトパールグリップに、メタリックブルー塗装&ジルコニアコーティングした金属製の十字架を貼り付けて製作しました。飾りの厚みがある分やや握りづらくなっていますが、見た目は非常に綺麗です(´ω`)ゞ

グリップ外観。

  青い十字架はよく見ると「逆さ十字架」になっている。   マガジンボトムとランヤードリングも白。  
 

▼作者コメント

ほぼノーマルサイズ・パーツ構成で、カラーリング変更と刻印を用いてカスタムした今作。

白をベースにした銃は久々でしたが、やはり綺麗!作品設定の見た目「神聖」な雰囲気はよく出ていると思います。

設定ストーリーはバ●カンが悪魔・魔物討伐の特殊機関を擁していたら、こんなかんじで報告書にまとめるんじゃないか、というイメージで銃を語ってみました。(内部の報告書にしてはめっさ説明しちゃってますが(´ー`)

神聖な見た目に反して実は邪悪な要素がちりばめられた呪われた銃。
名前が正義を意味する「ジャスティティア」というのも皮肉になっていて面白いと思います。


2018.3.30

 
←ストーリー設定のページへ ORDER CUSTOM メニューへ戻る→
 
Copyright @ 2008-2018 Yuri-Harunobu all rights reserved.