トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

STRIKE WARRIOR "Gabriel.45"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

▼スライド

純白のスライドに「GABRIEL.45」の銘と“CAST IN THE NAME OF GOD.YE NOT GUILTY”の刻印が刻まれている。意味は『我、神の名においてこれを鋳造する。汝ら罪なし』。 ○ベーススライドのプリント文字を消し、刻印を彫り入れたあと、艶消し白塗装しました。

▼サイト

他のセンサー類の故障時など非常手段としてアイアンサイトとしても使用できるが、通常は眼窩に埋め込んだ光学センサーとも連動しており、瞬時に標的を補足できる。 ○フロントサイトに穴を開けて、レンズパーツを埋め込みました。リアは無加工。

▼バレル

3.5インチの非常に短いバレル。短い分スライド運動の速度も速く、連射力に優れる。口径は.45で、強装弾も用いる為、特別製の強化バレルを使用している。 ○ノーマル未加工のメッキバレルです。

▼コンペセイター

上部に発射ガスを効率よく逃がす穴が開いており、発射の反動が軽減される。また、銃口下部にはレーダーとレーザー発射口が埋め込まれており、銃口を向けた相手の動きを察知して弾道を補正する機能が付加されている。 ○ベース品のストライクフェイスのギザギザを全て削り落としてフラット加工、穴を開けてレンズパーツを埋め込みました。 センサーレンズはフロントサイトと同じく、オーロラっぽい鏡面ブルーの素材。台座は専用の金属パーツを使用しました。

▼アンダーフレームレール&トリガーガードプロテクター

フレーム底部には20mm規格のオプション装備が装着可能なレールが装備されている。機械化銃撃戦ではトリガーをピンポイントで狙われやすいため、トリガーガードはプロテクターによって特に頑丈に補強されている。内側は逆に少し拡げられ、グローブ装着時でも確実にトリガー操作が可能。

○フレームレールは未加工で艶消し白塗装。
トリガーガードのプロテクターは本来別パーツでフレームから着脱できるのですが、グローブ用に拡張した為か、ご依頼主さまが既に接着されていたのでそのまま形を整えて塗り分け塗装しました。

▼スライドストップレバー

ボディと同じ白いパーツに交換されている。 ○艶消し白塗装。

▼トリガー&各セイフティパーツ

もうひとつのメインカラーである明るめのメタリックブルーのパーツ。特殊加工で表面の強度も若干上がっている。 ○メタリックブルーに塗装しました。

▼グリップ

細かな「ひだ」の入った立体パターンの白いグリップパネル。翼を連想させる外観と、強力な滑り止め効果という実用性を兼ね備えている。フレーム前部にもチェッカリングが施され、更にしっかりと固定できる。グリップ固定ネジは黒いヘキサスクリュー。背面のハウジングはストレートタイプで、総体的に握った手を確実に固定して多少の衝撃を与えられても銃を取り落とさないようセットアップされている。

○グリップパネルはご依頼主様が既に交換されていたカスタムパーツを使用。表面が少し荒れていたので、整えたあと艶消し白塗装しました。

▼マグウェル&マガジン

素早く確実なマガジンチェンジが可能な大型マグウェルを装着。
ガブリエルは極限まで機動力と素早さを増すため、この拳銃以外の武装を殆ど持たない戦闘スタイルであったため頻繁にマガジンチェンジが必要で、活用頻度の高いこのパーツは何度も交換された。
マガジンに装填できる弾数は.45口径強装弾7発と少ない為、一回の戦闘で予備マガジンを30本近く携行していた。

○ベースの純正マグウェルをメタリックブルーに塗装しました。マガジンは未加工。

▼作者コメント

「天使」をモチーフに白基調でデザインした今作品。これまでもDiシリーズ等で白いカラーリングの銃は手がけてきましたが、今回はそれに加えて「メカニカル」という要素も盛り込みました。

純正品の一番の特徴であるストライクフェイスをさっぱり削り落としてセンサーレンズを埋め込むのは良かったんですが、白い銃でメカニックなデザインは表面の荒れが目立ちやすいので大変(;´Д`)

とはいえ、下地処理をしっかりしておいたおかげで仕上がりはかなり綺麗にできて、メタリックブルーとの組み合わせもあって“天使”らしいイメージは出せました。
サラマンドラと同時期に活躍した選手というストーリー設定も、その後歩んだ人生の違いが上手く表現できてよかったと思います^^

2012.5.24

Copyright @ 2022 Yuri-Harunobu all rights reserved.