トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

V10居合カスタム"閃"

マルイのV10ウルトラコンパクトをベースに「ホルスターから素早く抜き撃つ居合カスタム」をイメージして製作したワークショップカスタム。

※今作品は月刊アームズマガジン2022年4月号&2022年5月号掲載記事「空想銃製作指南 YURI CUSTOM WORKSHOP」にて製作過程について前後編に分けて詳しく解説しています。

東京マルイ・ガスブローバック

▼コンセプト(解説)

鞘に納めた刀を素早く引き抜きざまに振り、斬る武術、居合(いあい)。

ホルスターに挿した銃をこれに見立て、カスタムしたものがV10居合カスタム"閃"である。

ベースとなった銃は「V10ウルトラコンパクト」。45口径の高威力でありながら3.5インチに満たない短い銃身で全体的にもコンパクトなこの銃は、ホルスターからの抜き撃ちに有利なサイズと実戦的な操作性を両立させており、絶妙なチョイスといえるだろう。

鞘に見立てたホルスターから抜く際、そして再び収める際にホルスター内部での引っ掛かりを避けるため、スライド・フレーム・操作系のパーツなど各部の角を徹底的に丸めてスムーズに処理してある。

グリップには手に吸いつくような牛革のテープを日本刀の柄糸巻きに巻いており、ドロウの際に確実に銃を握って引き抜けるようカスタムされている。

また中央には宙にひらめく一ひらの桜の花弁、あるいは炎の揺らめきのような飾り金具が配されており、いずれも「銃を抜き撃つ一瞬」という刹那の時間、つまり銃の銘ともなっている"閃"のモチーフを表現している。

トリガーはどのような角度からでも均一な力を伝えられるストレートトリガーに交換されており、銃における「居合」を確実に行うための実戦的な配慮が見て取れる。

すべては鞘から刀を~つまりホルスターから銃を抜き撃つその一撃、その一瞬のために選び抜かれ、考え尽くされたカスタムである。

ホルスターは適度な硬さと銃へのフィット感に優れ、そして抜き差しする銃本体表面を痛めにくい革製のホルスターを使用。

さらに側面に巻かれた紫の下げ緒は和服のたすき掛け、負傷して銃を握りにくくなった際の手と銃の固定、さらには緊急時の傷の止血など、ただの飾りではなくあくまで実戦での使用を想定している。

真に優れた使い手の持つ銃は、常に完璧なパフォーマンスを発揮できるよう完璧な内部の整備が施されている。

しかしその見た目は、何度も訓練を重ねて使い込まれているが故に決して派手でも美麗でもなく、むしろ非常に地味ですらあるという。

この銃も、そんな本物の強さを感じさせる"戦うための銃"である。

▼ベース:東京マルイ社製V10 ウルトラコンパクト

実銃はアメリカのスプリングフィールドアーモーリーが生産・販売している45口径の半自動拳銃。
3.5インチ未満のショートバレルを用いたガバメント系サブ・コンパクトモデルで、そのショートサイズから放たれる45口径の強烈な反動を軽減するため銃口近くのバレル上部に10個のポートを設け、それに合わせてスライドも大きくえぐられているのが大きな特徴です。
このV10ウルトラコンパクトを、性能・品質共に信頼性抜群の東京マルイがモデルアップ。特徴的なポートや表面仕上げの違いなど、同モデルの特徴を余すことなく再現。またM45A1をベースにしたブローバックエンジンを搭載し、極小サイズながら鋭くキレのある反動を楽しめるモデルとなっています(・∀・)

全長:180㎜ 重量:709g 装弾数:22+1発

No.89 V10 ウルトラコンパクト (18歳以上ガスブローバックガン)

▼雑誌:月刊アームズマガジン2022年4月号

特集1:スナイパーライフル最新事情2022
近年、銃器の分野の中で進化がもっとも著しいのがスナイパーライフルだ。そこでアームズマガジン4月号ではスナイパーライフルの最新事情を徹底追求。トイガンは東京マルイの新製品VSR-ONEの詳細レポートをはじめ各社のスナイパーライフルをイッキ撃ち。 リアルガンはB&T SPR300や最新スナイパーテクニック&ギアを紹介する。

特集2:陸上自衛隊 中央特殊武器防護隊
日本におけるCBRN(化学、生物、放射性物質、核)対処の専門部隊として、陸上総隊隷下に編成されたのが中央特殊武器防護隊だ。防護服着用時の銃器取り扱いも含む彼らの訓練など、陸上自衛隊において注目の部隊をピックアップする。

【カバーガール】星守紗凪


発売日: 2022/2/26

月刊アームズマガジン2022年4月号

▼雑誌:月刊アームズマガジン2022年5月号

特集:LMG〈軽機関銃〉で遊ぼう!
誰しもが一度は手にしてみたいと思うLMGクラスのエアガン。かつては高嶺の花だったが、近年は海外メーカーを中心にラインアップが増えて価格も抑えられ、入手しやすくなった。アームズマガジン5月号では、VFCの新製品「Mk48 MOD1 DXバージョン」を中心に、各社のLMGクラスのエアガンをピック アップ。ディテールから実射性能のチェックはもちろん、LMGならではの遊び方・使い方も提案する。

【カバーガール】
ジュリア(スターダム所属・女子プロレスラー)


発売日: 2022/3/26

月刊アームズマガジン2022年5月号

Copyright @ 2022 Yuri-Harunobu all rights reserved.