トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

"GHM9-P&EX"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

※今作品は月刊アームズマガジン2024年5月号&6月号&7月号掲載記事「空想銃カスタム指南 YURI CUSTOM WORKSHOP 2nd SEASON」にて製作過程について前中後編に分けて詳しく解説しています。

▼バレル・バレルカバー

バレルそのものは9mm口径・フリーフローティングのショートバレル。その周囲を樹脂製のガードと変形六角型の特殊合金製バレルカバーが覆っている。

○純正のハンドガード内部にABS素材で製作したオリジナルのバレルカバーを追加しました。内部の真鍮インナーバレルも黒染め加工をして銃口から覗く金色が目立たないように処理してあります(´ω`)

▼アッパーフレーム

見た目は一般的なPDWのアッパーフレームとほぼ同じものの、その内部にはユニットを通して銃内部の各部状態を確認するための超小型センサーや熱制御用のフィルムなど最先端の素材や技術部品が内蔵されている。そのため銃器市場としての取り決めにより、表面には取扱いについての警告表記などが細かく印字されている。

○内部や形そのものはベース銃そのままで、ミリタリックなグレー塗装の後に白いプラモデル用デカールを貼り、つや消し塗装仕上げしました。IUIDプレートはレプリカのシールを貼っています。

▼トップレール

バレルガード部の延長部分も含め、全長約330mmの上面ピカティニーレール。レールに対応したダットサイトやスコープはもちろん、最新の小型熱感知センサーサイトや対ロボット用制御装置表示サイト(ロボットを動かす「頭脳」部分を検知して表示する)なども装着できる。

○アッパーフレームと同じく切削加工無し&塗装仕上げです(´∀`)バックアップとして使用されるフリップアップ式ダットサイトを載せてあります。

▼ガンカメラ

ハンドガード型「P&EX制御ユニット」に搭載されたガンカメラ。二種のカメラレンズと距離計測用の不可視レーザー・特殊音波レーダーによって標的との距離を測定し動きを予測、発射するP&EX弾を適切なタイミングで炸裂させる。

○店舗展示用のiPhoneモックアップを分解し、カメラ部分のみ取り出し加工して流用しました。

▼ハンドガード型P&EX制御ユニット

オペレーター装着のスマートグラスと情報リンクしており、残弾数や薬室内の状態はもちろん、ガンカメラを通して銃を向けている標的の位置や大まかな種別までも情報として表示される。ガンカメラ映像を見れば必ずしも車内から身を乗り出して目視する必要も無いため、銃だけを露出させたブランドショット状態でもある程度正確な射撃が可能。対人用の通常9mm弾も使用可能で、弾倉を装填した時点でP&Ex弾が含まれていればユニットが自動的に起動して作動ランプが点灯する。

○内部にガンプラ用の発光ユニットを埋め込んでABS素材フルスクラッチで製作しました。蓋を外してスイッチを入れれば実際に動作ランプを光らせることができます(´ω`)

▼グリップ

生体認証システムを搭載したグリップ。登録された正しい使用者がグリップを握れば銃のシステムロックが解除され、ランプが点灯する。

○側面の凹み部分に穴を開け、内部にミライトを仕込んで発光できるように加工しました(゚∀゚)

▼弾薬

。専用ユニットと連動することで標的の装甲を貫通したのち適格なタイミングで内部炸裂してメカを効率良く破壊・動作停止させる。専用ユニット無しでも発射・炸裂は可能だが、ユニット補正ありの場合に比べて効果は半減する。

○実物の9mm空薬莢と樹脂パイプ、ガンプラ用スパイクパーツを加工して弾薬の模型を3発だけスクラッチ製作しました(´ω`)

▼作者コメント

月刊アームズマガジンの第23弾記事用に製作した今作。

編集部さまより「拳銃ではなくサブマシンガンサイズのPDWをベースにカスタムを~」とご提案頂いて、結利らしいテイストでアレンジしてみました。

これまでも過去作品の設定で使用していた「スマートグラスと連動する照準システム」や「特殊貫通弾」「起爆制御型炸裂弾」をミックスさせて、対戦闘ロボット用弾薬&専用ユニット付PDWとしてまとめましたが、PDWという絶妙なサイズ感にプラスしてコンパクトなSFユニットの組み合わせでかなりリアリティのある近未来系カスタムにできたかと思います(´ω`)

2024.3.26

▼雑誌:月刊アームズマガジン2024年5月号

巻頭特集:スナイパーライフル完全攻略
実銃だけではなくエアガンでもスナイパーライフルの世界は奥が深い。この特集では最新のスナイパーライフル事情を銃本体からカスタム方法、スコープのセットップ、スナイピングテクニックに至るまで全方位にわたって解説する。

【コンテンツ】
●スナイパーライフルピックアップ(ボルト、オート)
●カスタム&セットアップガイド
●スコープカタログ
●スナイパートライアル&スナイパーテクニック

【カバーガール】宍戸里帆

発売日: 2024/1/26

月刊アームズマガジン2024年5月号 [雑誌]

Copyright @ 2024 Yuri-Harunobu all rights reserved.