トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

COLT GOVERMENT"Demon Eater"

東京マルイのガスブローバック/コルトガバメントシリーズ'70ニッケルフィニッシュをベースに「悪魔を喰らう銃」をイメージして製作したワークショップカスタム。

※今作品は月刊アームズマガジン2022年6月号&2022年7月号掲載記事「空想銃製作指南 YURI CUSTOM WORKSHOP」にて製作過程について前後編に分けて詳しく解説しています。

完成:2022年3月

▼雑誌記事の作例・第12弾!
(製作概要)

ご存知エアガン&ミリタリーの雑誌月刊アームズマガジン内の拙執筆記事「Yuri Custom Workshop」で空想銃のカスタム製作例として製作工程を解説させて頂いた作品です(*´ω`)

同記事では一つの空想銃カスタムの企画から完成までを写真付きで紹介していくもので、初心者の方でも記事を参考にカスタムにチャレンジしてもらいやすいように、できるだけ(製作的に)やさしい内容の作品にしています。たぶん。

第12弾はコルトガバメントのカスタム「デモンイーター」!今回は「悪魔を喰らう銃」をコンセプトに作品を作っていきたいと思います。神の名のもとに邪悪な魂を封じてその力を取り込む悪魔狩りの銃。そんなオカルトな設定イメージを具現化していった作品です(*´ω`)

悪魔は通常実態を持たず人や物に憑依することが多い。しかし稀に何かの均衡が崩れると実体化し、恐ろしい脅威となる。

今回の銃は武器であると同時に"魔封じの壺"でもあるというコンセプトです。

ベース銃はド定番のコルトガバメント。いまではクラシックのジャンルに入る銃となりました(´ω`)

ベース品は東京マルイのガスブローバック/コルトガバメントシリーズ'70ニッケルフィニッシュ。

製作開始から最終完成まで約1ヶ月。完成した作品とストーリー設定は次ページにて。

詳しい製作工程については「月刊アームズマガジン2022年6月号、2022年7月号」をご購読くださいませ~(*´ω`)

▼雑誌:月刊アームズマガジン2022年6月号

特集:意外と知らないショットガンの真実
独特な操作方法や弾が一度に複数発射されるなど、アサルトライフルやSMGにはない魅力を持つショットガン。
次号の特集は東京マルイのガスブローバックショットガンSAIGA-12Kを中心に、各社のショットガンを使い勝手から実射性能まで徹底チェック。フィールドトライアル、リアルガンレポート、さらに最新のショットガンテクニックもあわせて紹介する。

【カバーキャスト】希島あいり


発売日: 2022/4/27

月刊アームズマガジン2022年6月号

▼雑誌:月刊アームズマガジン2022年7月号

特集:2022年上半期 トイガン新製品ピックアップ アームズトイガンショー2022
2021年末から今年4月までにリリースされた各社のエアガン、 モデルガンの新製品を、各部の特徴から実射性能まで一挙掲載。
さらに静岡ホビーショーで発表予定の東京マルイの新製品を はじめとする各社の新製品情報をいち早くお届けします。

【カバーガール】うんぱい


発売日: 2022/5/26

月刊アームズマガジン2022年7月号

Copyright @ 2022 Yuri-Harunobu all rights reserved.