トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

SOCOM Mk.23 "CQC"

~各部カスタムポイント

■この文字色の文は設定です。空想設定なので実際の素材・機能とは異なります。

■この文字色の文は実際のトイガンとしてのカスタム解説です。

▼スライド

シャドーモセス島への潜入任務の為に特殊コーティングされたスライド。極寒の環境下でも凍り付きによる動作不良を起こしにくくなっている。

○塗装でパーカーライジング(艶消しグレー)仕上げにしました。前後サイトおよびエキストラクター、上面のピン部分は成型色(艶消しブラック)のまま残してあります。

▼サイト

近距離で素早く照準するための3ドットタイプサイト。 ○マルイのMk23はスライドと一体成型でドットも入っていないのですが、これに穴を開けて白ドットパーツを埋め込みました。白パーツも成型色なのでとてもはっきりと視認できます。

▼L.A.M.(=ライト・アタッチメント・モジュール)

フラッシュライトとレーザーエイミング機能の両方を搭載した補助装置。MGS劇中でもほぼ同じ形状の装置を装着している。 ○マルイ純正のセット品。未加工。

▼CQCナイフ

CQC用の小振りなナイフ。
銃と一緒に構えることで、近接戦闘で瞬時に格闘・ナイフ攻撃に切り替えられる。セレーション入りのタントータイプブレード。グリップはパラコード巻きで滑りにくい。スネークイーター作戦でビッグボスが使用していたナイフと同じデザイン。

○MGS3でビッグボスが使用していたCQCナイフと同形状で、プラ素材で製作。今回はヘアラインなど入れず、スライドと同じパーカライジング仕上げにしています。柄巻きは実物のパラシュートコード(黒)で編みました。

▼サプレッサー

減音効果の高い大型サプレッサー。バレル先端のスクリューに着脱できる。 ○コスプレ用に市販されている木製の模造刀をベースに、研磨・整形し直しました。「折れ刃」部分はプラ板材を接いで製作。

▼ガンケース

本体・サプレッサー・L.A.M.・CQCナイフ一式を収納した樹脂製ハードケース。 ○マルイ純正のハードケース。ナイフを収納する為に、中のスチロールを一部切り取り加工して、一式全部を収納できるようにしました。

▼作者コメント

久々の(オーダーカスタム外の)新作。
内容はカラーリング変更とサイト加工・CQCナイフ追加ですが、手元に残していたMk.23を何がしかMGS風にアレンジしたいと思っていて、ようやく手をつけた作品です。

設定はシリーズ一作目のあの「シャドーモセス島事件」時点で既にスネークがCQCを開放していたら…という妄想から(´ω`)
CQC封印の理由(裏切り者の技術~)は『4』でスネーク自身が明かしていました。ちなみに1作目劇中では“武器装備は全て現地調達”だったので、ナイフも現地で敵兵から(ジョニーとか?)奪ったものかもしれませんね。

トイガンとしても固定スライドとサプレッサーの組み合わせで消音性能が高いモデルなので、サイレント仕様でサバゲーなどでも使えるかもしれません(`・ω・´)ゞ

2012.9.16

Copyright @ 2022 Yuri-Harunobu all rights reserved.